静岡県浜松市で自然素材のおしゃれローコスト住宅を建てるなら皆戸中建築

皆戸中建築

  • ホーム
  • サイトマップ
お電話でのお問い合わせ
0120-87-0669
皆戸中建築ブログ

2018/10/20住まいのお得情報!家づくりの基礎知識 空間別のあかり

さて、1021日は、あかりの日です。


エジソンの「3大発明」は、

電球・蓄音機・映写機です。
 

そのひとつ、白熱電球が完成したのが

1879(明治12)年の1021日です。

 
10月になると、ハロウィンがあり、

この時期から街には様々な電球の

イルミネーションが綺麗に彩られます。


今回は、このあかりを発明した

エジソンをお伝えします。


エジソンの発明は

実験室の設置から始まっているようです。


10
歳で家の地下室に実験室を設けました。


その後アルバイトの汽車の中にも

実験室を持たせてもらっています。


ここで薬品の落下による火事を起こし、

追い出されたエピソードは有名です。


そしてエジソンは、

23才の時ニュージャージー州のニューアークに

大きな研究室と工場つくり、

特許を核に事業展開を進めました。


それから6年後の1876年に研究所を

メンロー・パークに移します。


ここが有名な発明工場です。


ここでの研究成果は凄く、

炭素通話機、蓄音機、白熱電球などが

生み出されています。


そして白熱電灯の発明は、

1879年、32才の時でした。


電灯の研究は、エジソンが

生まれるまえから始められていたようです。


そして抵抗体に電気を流すと光を放つことは

当時良く知られていました。


エジソンは大きな電気抵抗をもつ素材として、

木綿糸を炭化した炭素繊維を使用しました。


これをガラス球の中に入れ、

真空に近い状態までに空気を抜いて

電気を流したところ、当時としては画期的にも

45時間も輝き続けたのです。


しかしエジソンはこれでは物足りなくて、

もっと長時間点灯する電灯の研究を続けました。


そのためにはフィラメントを

改良することが重要であり、

この材料の研究に試行錯誤の実験が続いたのです。


フィラメントとは電球の中にある

細い線状の発光部です。


ここに電流を流すと高温になり

光を発する仕組みになっているのです。


これは融点が高くないと燃え尽きてしまいます。


最初は木綿糸や友人のヒゲまでも、

素材の対象として実験されたという

エピソードがありますが、

当然すぐ燃え尽きたそうです。


そのような中、

机の上にあった扇子に使われている竹を見て、

それを素材にさっそく実験を試みまし。


これが凄い事に200時間も点灯したそうです。


これからエジソンは

世界中の竹を集めては実験を繰り返すといった研究を

続けました。


これは竹の炭化材を利用した

フィラメントの研究であったが、

何と集めた竹の種類は1200種類にもなったそうです。


そして繰り返し実験の結果、

最長点灯時間を記録したのは、

何と京都八幡宮境内の竹林から採ってきた

孟宗竹でした。


それは最長で900時間も点灯しました。


結局エジソンは、

この京都八幡市の竹で白熱電灯の実用化ができ、

タングステンのフィラメントが出現するまで

12年近く世の中を照らすこととなったのです。


現在は、

白熱灯のフィラメントに

このタングステンが使われています。


このフィラメントは約2500度の高温になるが、

タングステンは融点が

3500度であるため融けないのです。


またアルゴンガス等を封入して

高温での蒸発を防ぐ工夫もしています。


さらに不活性ガスを入れると熱が奪われるため、

タングステンを二重コイルにして熱損失を防ぐ

といった新たな工夫も加えられているのです。


30
から40才代のエジソンは、

個々の商品を組み込んだシステム化の発明に

方向が移っています。


1878
年、白熱電灯を研究製作するため

エジソン電灯会社を設立し、

1882年、エジソンはロンドンとニューヨークに

中央発電所を作って電灯照明事業に乗り出しています。


この電灯会社は1990年にエジソン系の会社を統合して、

「エジソン・ゼネラル・エレクトリック」となり、

1992年には

トムソン・ヒューストン・エレクトリックと合併して、

「ゼネラル・エレクトリック(GE)」と

発展しました。


GE
と言えば経営者の多くの方が

手本としている会社ですが、

こうして見るとエジソンも、

現代につながる身近な存在として

感じることが出来るのです。

 

さて、今回は、、

家づくりの基礎知識シリーズです。


10
21日のあかりの日にちなんで、

空間別の「あかり」をお伝えします。


さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!

 

―――――――――――――――――――――――――――――

今週のTOPIC「家づくりの基礎知識 空間別のあかり」

―――――――――――――――――――――――――――――

 

照明を決めるとき、

リビングや寝室、洗面室など、

部屋ごとに「あかり」を考える人は

多いのではないでしょうか。


確かに、部屋ごとに適切なあかりは違うのですが、

明るさやデザインなど、

それぞれの部屋ごとに

適切な照明器具を選んだつもりでも、

実際には不満や悩みを抱えている人もいるようです。


では、どうしたらいいのか、

わかりやすくお伝えします。


リビングや寝室など、部屋ごとにちがう

 「あかり」の悩み


あなたは、自分の家のあかりに満足していますか? 


新築やリフォームのほか、

新しい家に引っ越した時などに、

新たに照明器具を選んだり、

交換する人が多いと思います。


実は、あかりについて不満をもっていたり

困っているという人が多いようなのです。


例えば、リビングでは

「白い光だとくつろげない。かといって、

温かみのあるあかりだと子どもが勉強しない」

という声を聞きます。


また、キッチンでは

「食材の色や鮮度を判断しにくい」、

ダイニングでは「料理がおいしそうに見えない」

といった不満になります。


寝室では、

「掃除をしたり片付け物をするときにはよくても、

就寝前には明る過ぎてゆったりできない」とか、

洗面室では「白っぽい光だと肌がきれいに見えない」

トイレでは「消し忘れが気になる」

といった問題が挙がってきます。


浴室でも、

「ときにはゆっくりとくつろげる明るさに

 変えられるといいのだけれど」

というような悩みもあるようです。


また、その逆で、

「オレンジ色の光だと、

 年齢を重ねるにつれてどうも暗く感じる」

「天気の悪い昼間だとすっきりしない」

という声もあるようです。


部屋ごとに悩みの内容は少しずつ違いますが、

これらの声を聞いて、「わが家でも同じ」とか、

「私も似たようなことを感じていた」

という方も多いのではないでしょうか。

 

同じ部屋でも家事や子育てなど、

 用途で変わる「あかり」


これらのあかりについての悩みや不満は、

なぜ生じるのでしょうか。


原因は、部屋とか空間という単純なくくりだけで、

あかりを選んだからです。


同じ部屋でも、

そこで行われる生活行為は様々です。


当然、適切なあかりも

用途によって違ってくるのですが、

リビングとか寝室といった空間だけにとらわれず、

その空間でどんなことをするのか、

用途や生活シーンに合わせて

あかりを変えていかないと、

先に紹介した不満を解決することができず、

満足のいくあかりにはならないのです。


具体例を挙げて、もう少し詳しく説明しましょう。


リビングでは、テレビを見たり、

おしゃべりをしたり、お酒や食事を

楽しんだりしますが、

読書をしたり、お子さんが勉強をしたり

ということもありますね。


それぞれの異なるシーンにおいて

全て同じあかりでは、くつろげない、

あたたかさや温もりが感じられないとか、

明るさが足りなくて文字が読みにくいなど、

不都合が生じるケースがあるはずです。


同じようなことは、

ダイニングでも起きると思います。


家族で食事をするのはもちろんのこと、

ダイニングテーブルでちょっとした調べものをしたり、

学校関係の書類を見るということはありませんか? 


お子さんが宿題をするのを

お母さんが見守ったりということもありそうですね。


子ども部屋では、どうでしょうか。


子どもの個室ですから、

寝室として利用するのはもちろんですが、

同時に、同じ部屋で勉強したり、

遊んだりもしますね。


このように、

私たちは同じ部屋でさまざまなことをしています。


同じ空間にいても、

その場所でこなす用途はいくつもあるのです。


にもかかわらず、

同じ明るさ、同じ色の光のあかりでは、

一つの用途に合わせて

ちょうどよいあかりにすることはできても、

ほかのシーンでは不便を

我慢しながら過ごさなければならない

ということが多いのです。


前述の悩みが示すように、

いろいろな用途を考えてあかりを選ばないと、

さまざまな生活シーンに対応させることは

難しいのです。

 

用途や過ごし方に合わせて、

 あかりを変えられる「LED照明」


前述した不満や悩みを解決する方法として、

まず挙げられるのは、

調光・調色機能をもった

LEDの照明器具にすることです。


調光とは、全灯の100%から消灯の0%まで

明るさを調節することです。


調色とは光の色を変えることです。


照明器具にもよりますが、

さわやかな白い色から、

くつろぎに向いたオレンジ色に

変化させることが可能です。


LED
の照明器具の中には、

調光・調色の機能をもった照明器具が

たくさんあります。


そのほかにも調光スイッチを取り付けることで、

調節することもできます。

 

一室多灯や間接照明で、

 多彩な演出するのもよい方法


調光・調色機能によって対応するのも

一つの方法ですが、問題の解決策として、

一室多灯にトライしてみるのはいかがでしょうか。


一室多灯とは、

一部屋に複数の照明器具を配置することです。


LDK
などは、

点灯する照明の組み合わせや、

明るさを変えるだけで、いろいろなシーンができます


こういう空間こそ、多灯にしてほしい場所です。


さらに、間接照明という照明手法を取り入れると、

より演出効果が高まります。


間接照明とは、

光を天井や壁などに反射させて間接的に照らす

照明のことです。


影ができにくく、やわらかい光が特徴です。


ほんのりとした明るさが心地よく、

自宅でソファに身を委ね、

心地よく過ごしたいときに向いているあかりです。


間接照明は、コンセントにつなぎ、

テレビの後ろやソファの下などに置くことができる

スタンドタイプものから、

新築やリフォーム時など工事を伴うものまで

さまざまありますので、

暮らしに合わせて上手に間接照明を取り入れ、

居心地のよいあかりを追求してほしいと思います。


興味はあるけれど、

どこから手をつけたらいいかわからないという人は、

まず、家のどこかの照明器具を

LED照明に変えてみましょう。


その際、リモコンで簡単に

調光・調色できる器具を選んでください。


そうすれば、リモコン操作で違いを

感じられると思います。


新築やリフォームを考えている方は、

一室多灯や間接照明にチャレンジしてみてください。


一室多灯は必要に応じて適切なあかりを選択するので、

省エネになる可能性もありますよ。

 

多彩なLED照明は、ショールームで体験してみよう


あかりでどのように雰囲気が変わるのか

体験したい人は、

照明メーカーのショールームへ行ってみましょう。


調光や調色によってどんな違いがあるかを

実感することができます。


また、一室多灯や間接照明にした空間を

体験したいという方も、お越しください。


多種多様な照明、選び方、組み合わせ方によって、

同じ空間でも大きな変化があることに、

きっと驚かれると思います。


ほとんどの照明メーカーのショールームでは、

平面図を持っていくと

プロが部屋に合った照明のプランを

提案してくれるサービスがあります。


自分の家にぴったりの照明プランを

無料で手に入れることができるので、

新築やリフォーム時はもちろん、

照明器具を変えたいという場合も利用してみましょう。ショールームの見学の際には専門知識を持ったスタッフが説明してくれますので、事前予約がおすすめです。


遠方でショールームへ行くのが難しい方は、

各メーカーホームページ内にある

WEBカタログを利用するのもよい方法です。


メーカーによっては、

WEB上で部屋のあかりのシミュレーションをしたり、

どんなあかりが適しているかを

相談できるところもあります。


新築やリフォームの際、

「こんなはずではなかった」と後悔しないように、

ここで紹介したサービスを利用して、

心地よいあかりを手に入れてほしいと思います。


それでは、また。