静岡県浜松市で自然素材のおしゃれローコスト住宅を建てるなら皆戸中建築

皆戸中建築

  • ホーム
  • サイトマップ
お電話でのお問い合わせ
0120-87-0669
皆戸中建築ブログ

寒さと甘味と。

2018.11.02 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の渡邊千夏です。



もう寒いですweep

朝晩の通勤、帰宅はガクガク震えております。

ヒートテックとカイロは既にデビューしましたが、

末端冷え性なので手先と足は凍ったように真っ青です、、、

まだ11月なのに、、冬が怖いですね、、、、


寒くなったので大好きな甘酒も解禁しましたconfident

この時期はハンドメイドの作家さんや、音楽、カフェなどの出店物の屋外イベントも多いので、そういった場所で飲む温かいコーヒーや甘酒は特別美味しく感じますcafe

こちらは先日、三ヶ日のドライブの際に立ち寄った「茶房なつめ」でいただいた酒粕プリン。

image1.jpeg


本当に美味しくて感動しましたweep

「茶房なつめ」はInstagramでも大人気なようです。

お近くにお立ち寄りの際は是非行ってみてくださいheart01

早い!!

2018.11.01 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の皆戸中博美です。
 
 
今日から11月です。sweat01 みなさん、知ってますかsign02 
 
 
通りで寒い訳です。coldsweats01 
 
 
未だに、パジャマの上は半そでで、寝るときはいいのですが 
 
 
起きて毎朝、寒さを実感しますbearing
 
 
そういえば、ニュースは各地の紅葉の話題でした。maple
 
 
紅葉のニュースを見ながら、2年くらい前に香嵐渓のもみじを見に行ったねと、
 
 
娘言ったら、「2年じゃないし、4年前だし、小学生の時だし!」と
 
 
言われてしまいました。coldsweats02
 
 
そんなに経っていたとは、私には、2年も4年もほぼ いっしょ。
 
 
昨日のことを、忘れるわけです。crying
 
 
寒くなったきたので、身を引き締め直して がんばりますsign03punch
 
 

まるはだか

2018.10.27 / スタッフブログ


皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の鈴木克彦です。





IMG_20181012_120820.jpg


 リフォーム途中です。

これから、真ん中の柱を抜いて、下受けの梁を入れます。

大きな梁になるので、天井より下にでてきますが仕上げれば違和感は
ないと思います。

こうしたことは、リフォームではしばしば、起こりえます。

どうしても、取れない柱、耐力壁など、考慮しながら進めていきます。

完成を楽しみにしていてくださいね。

3件お引渡しを終えました。


すっかり気温が下がり、今日も午後は風が心地よく清々しい秋晴れsun

そしてあっという間に10月も終わりを迎えていますね。


浜松に大きな被害をもたらした9月末の大型台風の影響で多くのご依頼を頂き、

会社としましてもこの1ヶ月は特に、足早に過ぎていった感覚です。


そんな中、新築3件のお引渡しを終えることが出来ました。

打合せを始めてからお引渡しまで、早いお客様で7か月、長いお客様で1年ほどお時間を頂き、工期は5か月~6ヶ月程でした。

CIMG5517.JPG

IMG_1570.JPG

IMG_1625.JPG

3件とも長期優良住宅の認定をとっております。

地元の木材を使用しているため、県や市からの助成金を受けられるのも嬉しい点です。



お施主様やご家族のご協力のお陰でお引渡しを終えることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

今後も末永く、よろしくお願い申し上げます。

2018/10/27住まいのお得情報!「内装材の特徴と選び方」

今月最後のコラムとなります。


今年の10月は、残暑みたいな感じで

まだまだ暑い日が多かったですね。


これから本格的に

秋になっていくとは思いますが、

秋を満喫できる時間は、少ないかもしれません。


さて、

来月の11月は、どんな季節や話題があるのか?

早速ご覧ください。


11
月はどんな季節というと


11
月は別名 霜月(しもつき)と呼ばれ、

文字通り寒差を感じる時期です。


秋の終わり、

晩秋の頃でもあり各地で紅葉が見ごろになります。


月の後半になるにつれて寒さは増し、

コートやマフラー姿の人たちを見かけるようになります。


暦の上で立冬も向かえ、

寒い冬が目前であることを感じる暦月です。

 


■11
月の主なイベントごと


・紅葉シーズン


・秋は抜け毛の季節


10月~11 - 芋煮会(東北)


113 - 文化の日(祝日)


1115 - 七五三


1123 - 勤労感謝の日(祝日)


11月第3木曜日 - ボジョレーヌーボーの販売が解禁


11
月に入ると気温がぐっと下がり季節は

冬へと移り変わります。


街のあちこちでクリスマスイルミネーションが

点灯し始めると、

「もう1年も終わるんだなあ」と

しみじみと感じてしまいます。

 

11月には2つの祝日があります。


3
日の文化の日と23日の勤労感謝の日で

日付が固定されています。


1
ヶ月に2回祝日があるというのは

祝日休みの人には嬉しいですね。


行事としては七五三が有名です。


この時期の写真屋さんは

大変忙しく次から次へと人が来るそうです。


ほかにはその年の新酒である

ボジョレーヌーヴォーが解禁になります。
 

ちなみに10月といえばのランキングは、

1位 七五三  

2位 文化祭

3位 ボジョレーヌーヴォー解禁日 

4位 紅葉 

5位 勤労感謝の日  

となります。

第1位は七五三でした。
 

女の子は7歳と3歳、

男の子は5歳になったお祝いをする行事ですね。


和服を着て写真を撮るのが慣例となっており

広く親しまれています。


女の子は2回機会がある分、

鮮明に覚えている人も多いようです。


逆に男の子はあまり記憶に

残っていないという人がほとんどのようです。


ここまで違いがはっきりと出るのも

なかなか珍しいかもしれませんね。


全体的に見ると楽しい行事が

並んでいますね。


特別なインパクトこそありませんが

秋の季節を感じさせてくれますね。


食欲の秋、芸術の秋なんていう言葉が

ピッタリと当てはまりそうです。


さて、今回は、家づくりの基礎知識は、

内装材の種類と特徴でしす。


さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!


―――――――――――――――――――――――――――――

今週のTOPIC「内装材の特徴と選び方!」

―――――――――――――――――――――――――――――


内壁材は、デザイン性はもちろん、

空間の使い方や暮らし方に適したものを

選ぶことが基本です。


たとえば、リビングやベッドルームには

温かみのある風合いの素材を、

幼い子供の部屋には汚れが落としやすいものを

選びましょう。


トイレや洗面室であれば、

清潔感のある耐水性のあるものがいいでしょう。


取り入れる空間に

必要な性能や機能の持つ素材かどうか、

ショールームやカタログで

事前に確認した上で選ぶようにしましょう。

 

主な素材は、クロスや塗装、木、タイルなど


一般的な住宅で取り入れられる内壁には、

クロス(壁紙)や塗壁、木、タイル、パネルなど

多種多様な素材があります。


各メーカーから、

豊富な商品バリエーションが揃っているので、

予算や好みに合わせて自由に選ぶことが可能でしょう。


ただし、素材によっては、

施工方法や施工条件など専門的なことも関わるため、

こだわりがある場合は、

早めに設計の担当者と相談することが大切です。

 

クロス(壁紙)  
 ビニールクロスや紙クロス、織物クロス


一般的な住宅の居室空間で

最も多く使われているのが壁紙と呼ばれるクロスです。


素材によって、ビニールクロスや紙クロス、

織物クロスなどに分類され、

それぞれ豊富な商品が揃っています。

 

ビニールクロス


塩化ビニール樹脂などを主な素材とする

ビニールシートに紙などを裏打ちしたものです。


最も多く用いられている素材で、

ハウスメーカーの商品住宅などでは、

標準仕様となっているケースが多くみられます。


比較的安価なものから揃い、

色やデザインのバリエーションも豊富、

プリントを施したものだけでなく、

凸凹のあるエンボス加工、

発泡させたタイプなども揃っています。


施工がしやすいのも特徴で、

耐久性や清掃性にも優れ、

調湿性などを持たせたタイプなどもあります。

 

紙クロス
 

パルプが原料の洋紙を原紙に、

プリント加工やエンボス加工を施したものです。


欧米では多く用いられる素材で、

輸入住宅などに取り入れているケースもあります。


植物のコウゾやミツマタを原料とした和紙、

月桃の茎から繊維を取り出しパルプにした月桃紙、

一年草のケナフなど原料としたものなどもあります。

 

織物(布)クロス


平織りや綾織、不織布などがあり、

温かみのあるテクスチャーや重厚感が魅力ですが、

価格は比較的高めです。


ホコリを吸着しやすいので、

お手入れははたきをかけるか

掃除機を用いるといいでしょう。

 

その他、環境への配慮から

オレフィン樹脂などを用いたもの、

薄くカットした天然木やコルクなどを

紙と張り合わせたもの、

聚楽(じゅらく)壁紙、珪藻土壁紙などもあり、

その素材や加工方法などは多種多様です。


また、汚れ防止や防カビ・抗菌、耐水性、

ペット対策などを施した商品も増えてきているので、

用いる空間に適した機能を持つ商品を

選ぶことができるでしょう。

 

塗壁  

 調湿性や断熱性などに優れ、素材感も魅力


伝統的な左官塗工法である塗壁の種類は、

一般的に仕上げ(上塗り)に

塗るものによって分けられます。


漆喰(しっくい)を塗ったものが「漆喰壁」、

土で仕上げたものが「土壁」になります。


さまざまな素材や仕上げがありますが、

いずれも、日本の気候・風土にも適応しており、

調湿性・断熱性・防火性・防音性などに

優れているのが特徴です。


クロスと異なり仕上がりに継ぎ目が無いこと、

刷毛、コテやローラーなどで

さまざまな表情を生み出すことができるのも

メリットでしょう。

 

漆喰(しっくい)壁
 

漆喰壁は、消石灰に砂と糊などを混ぜて

土壁の上に塗るもので、

滑らかな表面の日本独自の塗壁仕上げです。


耐久性、調湿性、断熱性、防火性などに優れています。


色は白が基本ですが、色土や顔料を加えたタイプも。

通常の塗装仕上げのように施工できるタイプ、

漆喰を用いたクロスなど施工性を高めたものもみられます。

 


珪藻土(けいそうど)
 

海や湖などに生息していた単細胞の

植物プランクトンの死骸が堆積して出来た土層から

採取されるものです。


多孔質である(多くの小さな穴を持つ)ことから、

吸湿性、吸放質性、保温性、断熱性に優れる素材です。


地球環境に配慮したものとして

人気の自然素材のひとつとなっており、

仕上げパターンや色柄、施工性を高めたタイプなど

さまざまな商品がみられます。


石膏ボードに直接塗り付けられるもの、

クロスの上に塗ることができる

リフォーム向けの商品、

炭や繊維など他の素材を組み合わせた

メーカー独自の商品もあります。

 

プラスター


鉱物質の粉末と水を混ぜたものです。


純白の仕上がりが特徴です。


石膏を主成分にした石膏プラスター、

作業性のよいドロマイトプラスターなどがあります。


西洋漆喰とも呼ばれる仕上げです。

 

土もの・土壁


いわゆる土もの、土壁と呼ばれるものは、

数奇屋建築や茶室などにみられます。


「京壁」とも言われ、上塗りの土によって、

「聚楽壁」「大津壁」などの種類があります。


その他、パルプや紙繊維、化学繊維などを

のりで混ぜて水で練る繊維壁、

なめらかな素材感が特徴の砂壁、

調湿機能を持つ火山灰を主成分にしたもの

などもみられます。

 

木質系  

 腰壁やアクセントとして部分的に用いても


無垢材を用いるケースもありますが、

木質系の製品としての壁材は、

天然木化粧合板(突板タイプ)

化粧シートタイプなどがあります。


天然木化粧合板は、

合板やMDF(中質繊維板)などの基材に

木材の薄い板を張り付けたものです。


化粧シートタイプは、樹脂やオレフィン、

紙などのシートに、木目や石目、

抽象的な柄などを印刷し、

基材に張り合わせたものです。


木質系の壁材は、

ひとつの面に用いて部屋のアクセントとしたり、

腰壁として取り入れえるケースが多くみられます。

 

タイル  

 水まわりだけでなく、居室に用いても


タイルは、耐久性や耐水性に優れるため、

主に水まわりに用いられる素材ですが、

最近では居室の床や壁材などでも、

取り入れられるケースもみられます。


特に、調湿や消臭などの機能を持つタイル商品は、

リビングやダイニング、ベッドルームなどで

用いる例も増えてきました。


テクスチャーやデザインのバリエーションも

豊富になり、さまざまなインテリアに

合わせることも可能でしょう。

 

さまざまな機能を持たせた素材も揃う


調湿性や消臭性能を持つ

上記で挙げた仕上げ材以外にも、

各メーカーから、さまざまな機能を持たせた素材が

みられます。


たとえば、

基材に特殊な加工を施したり

珪藻土などを混ぜることで、

調湿機能や消臭機能を持たせたものなどは、

湿気の気になる納戸やクロゼット、

洗面室などに用いてもいいでしょう。

 

水や熱に強く、油汚れにも強い
 

キッチンや洗面室などに向いているのが、

汚れがこびりつきにくく、

汚れても落ちやすい加工が施された

パネル状の壁材(キッチンパネルなど)です。


水や熱に強く、油汚れにも強いのも特徴で、

目地も少ないのでお手入れが簡単なのもメリットです。


タイル調のものや石目調のものなど色柄も豊富です。

 

ショールームで実物の確認を。

 床材や天井材とコーディネートに配慮して


多様な素材、商品が揃う内壁材は、

空間の中でも大きな面積を占めるため、

選ぶ際には、床材や天井材、家具やファブリック、

照明プランなどとの

デザイン的な調和を考えることも大切です。


また、カタログやサンプル帳だけでなく、

できる限りショールームの

大きな見本で確認しましょう。


太陽光や照明の光でのイメージの違いも

チェックしておくこともポイントでしょう

 

それでは、また。

工事完成

2018.10.25 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の鈴木大作です。

浜北区の新築現場が完成しました。

外壁は木目調のサイディグ 

内部は 桧の床に漆喰壁で仕上げました。

建具もTV台も 建具屋さんの手造りになっています。

IMG_1618.jpg IMG_1619.jpg

リフォーム工事も もりもりやってます。

段取り良くやってきます。



猫ちゃん用ステップ

2018.10.23 / スタッフブログ

 皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の阿佐美由香です。         
           

          本棚と猫ちゃんのステップを兼ねた棚のご紹介です。
IMG_1584neko.jpg
       天井近くの四角い開口から隣の部屋のステップに行き来できますnote
IMG_1579neko.jpg

ステップの上を歩く猫ちゃんの姿を早く見たいのですが、猫ちゃんのお引越しはまだ先になるようなので少し残念です。
軽快にステップの上を飛び移ってくれるかなぁと少し心配なところもありますが、早くそんな猫ちゃんの姿を報告いただけたら嬉しいですhappy01

2018/10/20住まいのお得情報!家づくりの基礎知識 空間別のあかり

さて、1021日は、あかりの日です。


エジソンの「3大発明」は、

電球・蓄音機・映写機です。
 

そのひとつ、白熱電球が完成したのが

1879(明治12)年の1021日です。

 
10月になると、ハロウィンがあり、

この時期から街には様々な電球の

イルミネーションが綺麗に彩られます。


今回は、このあかりを発明した

エジソンをお伝えします。


エジソンの発明は

実験室の設置から始まっているようです。


10
歳で家の地下室に実験室を設けました。


その後アルバイトの汽車の中にも

実験室を持たせてもらっています。


ここで薬品の落下による火事を起こし、

追い出されたエピソードは有名です。


そしてエジソンは、

23才の時ニュージャージー州のニューアークに

大きな研究室と工場つくり、

特許を核に事業展開を進めました。


それから6年後の1876年に研究所を

メンロー・パークに移します。


ここが有名な発明工場です。


ここでの研究成果は凄く、

炭素通話機、蓄音機、白熱電球などが

生み出されています。


そして白熱電灯の発明は、

1879年、32才の時でした。


電灯の研究は、エジソンが

生まれるまえから始められていたようです。


そして抵抗体に電気を流すと光を放つことは

当時良く知られていました。


エジソンは大きな電気抵抗をもつ素材として、

木綿糸を炭化した炭素繊維を使用しました。


これをガラス球の中に入れ、

真空に近い状態までに空気を抜いて

電気を流したところ、当時としては画期的にも

45時間も輝き続けたのです。


しかしエジソンはこれでは物足りなくて、

もっと長時間点灯する電灯の研究を続けました。


そのためにはフィラメントを

改良することが重要であり、

この材料の研究に試行錯誤の実験が続いたのです。


フィラメントとは電球の中にある

細い線状の発光部です。


ここに電流を流すと高温になり

光を発する仕組みになっているのです。


これは融点が高くないと燃え尽きてしまいます。


最初は木綿糸や友人のヒゲまでも、

素材の対象として実験されたという

エピソードがありますが、

当然すぐ燃え尽きたそうです。


そのような中、

机の上にあった扇子に使われている竹を見て、

それを素材にさっそく実験を試みまし。


これが凄い事に200時間も点灯したそうです。


これからエジソンは

世界中の竹を集めては実験を繰り返すといった研究を

続けました。


これは竹の炭化材を利用した

フィラメントの研究であったが、

何と集めた竹の種類は1200種類にもなったそうです。


そして繰り返し実験の結果、

最長点灯時間を記録したのは、

何と京都八幡宮境内の竹林から採ってきた

孟宗竹でした。


それは最長で900時間も点灯しました。


結局エジソンは、

この京都八幡市の竹で白熱電灯の実用化ができ、

タングステンのフィラメントが出現するまで

12年近く世の中を照らすこととなったのです。


現在は、

白熱灯のフィラメントに

このタングステンが使われています。


このフィラメントは約2500度の高温になるが、

タングステンは融点が

3500度であるため融けないのです。


またアルゴンガス等を封入して

高温での蒸発を防ぐ工夫もしています。


さらに不活性ガスを入れると熱が奪われるため、

タングステンを二重コイルにして熱損失を防ぐ

といった新たな工夫も加えられているのです。


30
から40才代のエジソンは、

個々の商品を組み込んだシステム化の発明に

方向が移っています。


1878
年、白熱電灯を研究製作するため

エジソン電灯会社を設立し、

1882年、エジソンはロンドンとニューヨークに

中央発電所を作って電灯照明事業に乗り出しています。


この電灯会社は1990年にエジソン系の会社を統合して、

「エジソン・ゼネラル・エレクトリック」となり、

1992年には

トムソン・ヒューストン・エレクトリックと合併して、

「ゼネラル・エレクトリック(GE)」と

発展しました。


GE
と言えば経営者の多くの方が

手本としている会社ですが、

こうして見るとエジソンも、

現代につながる身近な存在として

感じることが出来るのです。

 

さて、今回は、、

家づくりの基礎知識シリーズです。


10
21日のあかりの日にちなんで、

空間別の「あかり」をお伝えします。


さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!

 

―――――――――――――――――――――――――――――

今週のTOPIC「家づくりの基礎知識 空間別のあかり」

―――――――――――――――――――――――――――――

 

照明を決めるとき、

リビングや寝室、洗面室など、

部屋ごとに「あかり」を考える人は

多いのではないでしょうか。


確かに、部屋ごとに適切なあかりは違うのですが、

明るさやデザインなど、

それぞれの部屋ごとに

適切な照明器具を選んだつもりでも、

実際には不満や悩みを抱えている人もいるようです。


では、どうしたらいいのか、

わかりやすくお伝えします。


リビングや寝室など、部屋ごとにちがう

 「あかり」の悩み


あなたは、自分の家のあかりに満足していますか? 


新築やリフォームのほか、

新しい家に引っ越した時などに、

新たに照明器具を選んだり、

交換する人が多いと思います。


実は、あかりについて不満をもっていたり

困っているという人が多いようなのです。


例えば、リビングでは

「白い光だとくつろげない。かといって、

温かみのあるあかりだと子どもが勉強しない」

という声を聞きます。


また、キッチンでは

「食材の色や鮮度を判断しにくい」、

ダイニングでは「料理がおいしそうに見えない」

といった不満になります。


寝室では、

「掃除をしたり片付け物をするときにはよくても、

就寝前には明る過ぎてゆったりできない」とか、

洗面室では「白っぽい光だと肌がきれいに見えない」

トイレでは「消し忘れが気になる」

といった問題が挙がってきます。


浴室でも、

「ときにはゆっくりとくつろげる明るさに

 変えられるといいのだけれど」

というような悩みもあるようです。


また、その逆で、

「オレンジ色の光だと、

 年齢を重ねるにつれてどうも暗く感じる」

「天気の悪い昼間だとすっきりしない」

という声もあるようです。


部屋ごとに悩みの内容は少しずつ違いますが、

これらの声を聞いて、「わが家でも同じ」とか、

「私も似たようなことを感じていた」

という方も多いのではないでしょうか。

 

同じ部屋でも家事や子育てなど、

 用途で変わる「あかり」


これらのあかりについての悩みや不満は、

なぜ生じるのでしょうか。


原因は、部屋とか空間という単純なくくりだけで、

あかりを選んだからです。


同じ部屋でも、

そこで行われる生活行為は様々です。


当然、適切なあかりも

用途によって違ってくるのですが、

リビングとか寝室といった空間だけにとらわれず、

その空間でどんなことをするのか、

用途や生活シーンに合わせて

あかりを変えていかないと、

先に紹介した不満を解決することができず、

満足のいくあかりにはならないのです。


具体例を挙げて、もう少し詳しく説明しましょう。


リビングでは、テレビを見たり、

おしゃべりをしたり、お酒や食事を

楽しんだりしますが、

読書をしたり、お子さんが勉強をしたり

ということもありますね。


それぞれの異なるシーンにおいて

全て同じあかりでは、くつろげない、

あたたかさや温もりが感じられないとか、

明るさが足りなくて文字が読みにくいなど、

不都合が生じるケースがあるはずです。


同じようなことは、

ダイニングでも起きると思います。


家族で食事をするのはもちろんのこと、

ダイニングテーブルでちょっとした調べものをしたり、

学校関係の書類を見るということはありませんか? 


お子さんが宿題をするのを

お母さんが見守ったりということもありそうですね。


子ども部屋では、どうでしょうか。


子どもの個室ですから、

寝室として利用するのはもちろんですが、

同時に、同じ部屋で勉強したり、

遊んだりもしますね。


このように、

私たちは同じ部屋でさまざまなことをしています。


同じ空間にいても、

その場所でこなす用途はいくつもあるのです。


にもかかわらず、

同じ明るさ、同じ色の光のあかりでは、

一つの用途に合わせて

ちょうどよいあかりにすることはできても、

ほかのシーンでは不便を

我慢しながら過ごさなければならない

ということが多いのです。


前述の悩みが示すように、

いろいろな用途を考えてあかりを選ばないと、

さまざまな生活シーンに対応させることは

難しいのです。

 

用途や過ごし方に合わせて、

 あかりを変えられる「LED照明」


前述した不満や悩みを解決する方法として、

まず挙げられるのは、

調光・調色機能をもった

LEDの照明器具にすることです。


調光とは、全灯の100%から消灯の0%まで

明るさを調節することです。


調色とは光の色を変えることです。


照明器具にもよりますが、

さわやかな白い色から、

くつろぎに向いたオレンジ色に

変化させることが可能です。


LED
の照明器具の中には、

調光・調色の機能をもった照明器具が

たくさんあります。


そのほかにも調光スイッチを取り付けることで、

調節することもできます。

 

一室多灯や間接照明で、

 多彩な演出するのもよい方法


調光・調色機能によって対応するのも

一つの方法ですが、問題の解決策として、

一室多灯にトライしてみるのはいかがでしょうか。


一室多灯とは、

一部屋に複数の照明器具を配置することです。


LDK
などは、

点灯する照明の組み合わせや、

明るさを変えるだけで、いろいろなシーンができます


こういう空間こそ、多灯にしてほしい場所です。


さらに、間接照明という照明手法を取り入れると、

より演出効果が高まります。


間接照明とは、

光を天井や壁などに反射させて間接的に照らす

照明のことです。


影ができにくく、やわらかい光が特徴です。


ほんのりとした明るさが心地よく、

自宅でソファに身を委ね、

心地よく過ごしたいときに向いているあかりです。


間接照明は、コンセントにつなぎ、

テレビの後ろやソファの下などに置くことができる

スタンドタイプものから、

新築やリフォーム時など工事を伴うものまで

さまざまありますので、

暮らしに合わせて上手に間接照明を取り入れ、

居心地のよいあかりを追求してほしいと思います。


興味はあるけれど、

どこから手をつけたらいいかわからないという人は、

まず、家のどこかの照明器具を

LED照明に変えてみましょう。


その際、リモコンで簡単に

調光・調色できる器具を選んでください。


そうすれば、リモコン操作で違いを

感じられると思います。


新築やリフォームを考えている方は、

一室多灯や間接照明にチャレンジしてみてください。


一室多灯は必要に応じて適切なあかりを選択するので、

省エネになる可能性もありますよ。

 

多彩なLED照明は、ショールームで体験してみよう


あかりでどのように雰囲気が変わるのか

体験したい人は、

照明メーカーのショールームへ行ってみましょう。


調光や調色によってどんな違いがあるかを

実感することができます。


また、一室多灯や間接照明にした空間を

体験したいという方も、お越しください。


多種多様な照明、選び方、組み合わせ方によって、

同じ空間でも大きな変化があることに、

きっと驚かれると思います。


ほとんどの照明メーカーのショールームでは、

平面図を持っていくと

プロが部屋に合った照明のプランを

提案してくれるサービスがあります。


自分の家にぴったりの照明プランを

無料で手に入れることができるので、

新築やリフォーム時はもちろん、

照明器具を変えたいという場合も利用してみましょう。ショールームの見学の際には専門知識を持ったスタッフが説明してくれますので、事前予約がおすすめです。


遠方でショールームへ行くのが難しい方は、

各メーカーホームページ内にある

WEBカタログを利用するのもよい方法です。


メーカーによっては、

WEB上で部屋のあかりのシミュレーションをしたり、

どんなあかりが適しているかを

相談できるところもあります。


新築やリフォームの際、

「こんなはずではなかった」と後悔しないように、

ここで紹介したサービスを利用して、

心地よいあかりを手に入れてほしいと思います。


それでは、また。

見学会のご来場、ありがとうございました。

2018.10.18 / スタッフブログ


皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の渡邊千夏です。
 


すっかり朝晩冷え込むようになり、

自転車→電車→徒歩で通勤している私は、薄手ですがコートデビューしました。

と言っても

家から駅までの自転車は「盛りこぎ」なので

電車に乗る前に汗をかいて結局脱いでいますcoldsweats01

インフルエンザも流行り始めたそうなので

体調管理をしっかりしていきたいですね!



先週末は完成見学会を無事に行うことが出来ました。

CIMG5517.JPG

お客様のリビングに入った瞬間の「木のいい香り~confident」というお声が印象的でした。

CIMG5527.JPG

沢山のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

そして快くご協力いただきましたお施主様にも感謝の気持ちでいっぱいです。



10月は早くも後半、、、

お引渡しが3件続きます。

お施主様やご家族様にとって素敵なスタートとなるよう、

しっかり準備をして臨みたいと思います。


私は長期優良住宅の実績報告をしっかり期日までに提出しますdash


いたずら書き

2018.10.17 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の皆戸中博美です。
 
 
すっかり、朝晩の冷え込みが秋めいてきましたが、ストーブは購入し準備OKgood
 
 
でも、まだ灯油を買っていません。bearing それじゃダメじゃんsign03
 
 
と、ひとりボケつっこみですが、
 
 
先日まで わが家の高校生はテストで 一応遅くまで テスト勉強していました
 
 
が電気を煌々とつけたまま、ちょっと横になったらそのまま眠ってしまったよう
 
 
で、その間に...
 
DSC_0486.JPG
 
こんなことにsign02sweat01 
 
 
朝起きてきて、靴下を履こうとするまで気づかずにいた娘が、
 
 
なんだこれsweat01wobbly  横で主人が 不適な笑みsmileを浮かべていましたcoldsweats01
 
 
アディダスのマークを書こうとして難しかったので ナイキにしようとしたが
 
 
失敗。結局、これだそうですbleah
 
 
時間の無かったので、そのまま靴下を履いて出かけていきましたheart02