静岡県浜松市で自然素材のおしゃれローコスト住宅を建てるなら皆戸中建築

皆戸中建築

  • ホーム
  • サイトマップ
お電話でのお問い合わせ
0120-87-0669
皆戸中建築ブログ

雨ばかり

2018.09.21 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の鈴木克彦です。

変な天気が続きますね


雨ばかりで、外の工事が進みません。

基礎屋さんが泣いています。

こういうときに限って工事が重なるそうで、頼んでいる工事も

大変みたい。

板金屋さんとペンキ屋さんも・・・

はやく、てんきにな~れ!



現場まわり

2018.09.19 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の鈴木大作です。

今日は、新築現場をぐるっと一廻りしてきました。



浜北の現場 大工さん造作中 外壁工事完了

IMG_20180912_172351.jpg line_1535520398842.jpg

中区の現場 基礎工事完了 外部水道工事中

IMG_20180918_103216.jpg IMG_20180919_135942.jpg 

浜北の現場 キッチン施工完了 クロス施工中

IMG_3823.JPG IMG_20180912_162034.jpg

段取り良くがんばります。
           

うり坊通信VOL.138

2018.09.18 / うり坊通信


〇今月のイベント情報

・秋のリフォームフェスタ 9月30日(日)10:00~15:00

〇知っ得なるほど話

大雨や台風が来る前に準備しておきましょう

〇我やしんぶん

うり坊.jpg

2018/09/15住まいのお得情報!変動金利のリスクを回避する方法

9月も中頃に近くなると、

すっかり秋らしい天気が増えましたね。


秋を表す日といえば、秋分の日です。


では、二十四節気のひとつ

「秋分」とはどんな日か、

「秋分の日」との違い、

秋彼岸との関係など、

秋分にまつわる豆知識もご紹介します。

 

今年の秋分はいつ?


2018
年の秋分は、923日~107日です。


秋分は二十四節気のひとつです。


二十四節気は季節の移り変わりを知るためのもので、

15日間ごとに24に分けられています。


二十四節気は期間なので、

秋分(二十四節気の第16)から

寒露(二十四節気の第17)までの期間をさし、

毎年923日頃~107日頃にあたります。


なお、日付は固定されているわけではなく

年によって変わります。


二十四節気は1年を太陽の動きに合わせて

24等分して決められるので、

1日程度前後することがあるからです。


また、「今日は立秋です」のように、

各節気に入る日をさす場合もありますが、

秋分の場合は国民の祝日「秋分の日」になっています。


ちなみに秋分前後の二十四節気の移り変わりは、

白露秋分寒露となります。
 


秋分の日とは?


2018
年の「秋分の日」は923日です。


「秋分の日」は、

二十四節気の秋分に入る日をさしています。


太陽が真東から昇って真西に沈み、

昼と夜の長さがほぼ同じになる日で、

彼岸の中日です。


国民の祝日になっており、

国民の祝日に関する法律で

「祖先をうやまい、なくなった人をしのぶ」

という趣旨になっているのは、

彼岸の風習を踏まえているからです。
 


秋分と秋のお彼岸


秋分の日を中日とした前後3日、

合計7日間を彼岸といいます。


春にも春分の日を中日とした彼岸があるので、

春のお彼岸(春彼岸)、秋のお彼岸(秋彼岸)

などと呼び分けることもあります。


お彼岸にはお墓参りをする風習があり、

お供えものの定番に「おはぎ」、

この時期の花に「彼岸花」があります。

 

暑さ寒さも彼岸まで


暦のうえでは立秋から立冬の前日までが秋で、

秋分はその中間にあたります。


秋分の日には昼と夜の長さがほぼ同じになり、

それ以降は秋の夜長に向かいます。


厳しかった残暑に目処がつくため、

「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。


秋の趣がひとしおとなり

夜も長くなっていきますから、

読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、

物思う秋、食欲の秋......

それぞれの秋を愉しんでください。


さて、今回は、、

賢い家づくりシリーズです。


住宅ローンの

変動金利のリスクを回避する方法

をお伝えします。


さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!

 

―――――――――――――――――――――――――――――

今週のTOPIC「変動金利のリスクを回避する方法」

―――――――――――――――――――――――――――――


住宅ローンを選ぶ際に、多くの方が迷うのが、

「固定金利」と「変動金利」のどちらを選択するか、

という点ではないでしょうか。


調査によると、2017年度ごろから、

住宅ローンの変動金利を選ぶ人の割合が増加しており、

調査結果では全体の56.5%と

過半数以上が変動金利を選択しているという事です。


このように変動金利の人気が高まっている背景には、

変動金利の設定金利が、固定金利と比較すると低いこと

さらに、変動金利の金利水準を決める

「短期プライムレート」が、

過去20年にわたって1%台と低い数値で

推移していることなどが挙げられます。


低金利で住宅購入のための資金を借り入れでき、

過去の実績から考えると、

金利の大きな上昇が予測しにくいということもあり、

今改めて変動金利が大きな注目を集めているのです。


ただし、

住宅ローンの変動金利には注意点もあります。


実際に「変動」と名がついているように、

変動金利は半年に一回、

金利の見直しが行われるのです。


この時点で、

基準となる短期プライムレートが上昇していると、

返済額の増加や返済期間の延長などが起こり、

家計がダメージを受けることにもなりかねません。


変動金利を選ぶ場合には、

このような金利変動のリスクをどのように回避するか、

ということが重要になってきます。


そこで今回は、

住宅ローンの変動金利のリスクを回避する方法を

お伝えします。


金利の低い変動金利を選びたいが、

金利上昇のリスクもしっかり回避したいという方は、

是非、参考にして下さい。

 

変動金利と金利上昇の考え方


変動金利を選ぶ際、もっとも気になるのが

今後の変動金利の値動きです。


この変動金利が連動する

「短期プライムレート」とは、

金融機関が顧客向けに貸し出す

一年以内の最優遇金利(プライムレート)のことで、

日銀が決定する「政策金利」の影響を受けます。


つまり、短期プライムレートは、

実質的には日銀の管理下にあり、

国の金融政策を反映するものと言えるでしょう。


この短期プライムレートの数値は、

19959月以降、1%台の低水準で推移しており、

今後も日銀の金融政策に大幅な変更がない限り、

急激な上昇は起こりにくいと考えられています。


ただし、金利動向の正確な予測は、

経済のプロであっても、ほぼ不可能です。


今後、物価の上昇などを理由に

政策金利の引き上げが起これば、

変動金利が上昇する事態も十分に考えられます。


そのため、変動金利を選ぶ際には、

金利が上昇した場合のシナリオを

ある程度想定しておくことが欠かせません。


たとえば、金利が1%上昇した場合に

住宅ローンの総返済額がいくらアップするのか、

それは家計をどの程度圧迫するのか、

あるいは、2%や、3%の上昇ではどうか、

などをシミュレーションし、

家計の状況を考えた時、

何パーセントまでの金利上昇に

耐えられるかを事前に調べておくと良いでしょう。


ちなみに、変動金利の金利上昇時の返済額については、

各金融機関の住宅ローンシミュレーションなどを

活用して簡単に調べることができます。

 

金利の上昇に耐えられるようであれば

 変動金利を積極的に検討しよう


変動金利の金利上昇シナリオを

シミュレーションする場合、

どの程度の金利上昇を想定すれば良いか

迷う方も多いでしょう。


短期プライムレートの直近の最高値は、

1990年から91年にかけての68%台です。


現在の経済状況(物価など)を考慮すると、

ここまでの急激な上昇は

起こりにくいと言われています。


つまり、シミュレーションする場合、

仮に最大で8%の金利上昇でも

家計が返済に耐えられるようであれば、

金利の変動を考慮する必要性は、

ほぼゼロに近いと言えます。


現実的に考えるなら、

  急な金利上昇があったとしても

  3%程度の金利で収まる可能性が高いです。)


一定の金利上昇の可能性に耐えられる家計であれば、

住宅ローンを選ぶ際に、

積極的に変動金利を検討することで、

現在の低金利の恩恵を受けることができるでしょう。

 

変動金利のリスク回避。

 すでに住宅ローンを借り入れている場合は?


現在、変動金利で住宅ローンを借り入れている場合、

リスク回避の方法は以下の二種類に分かれます。

 

変動金利のリスクを回避する方法 その1


固定金利に変更するか借り換える


多くの金融機関では、

変動金利から固定金利へと

金利タイプを変更することができます。


金利タイプを変更する場合、

その金融機関の固定金利の金利水準、

変更にかかる手数料の有無などを

チェックすることが大切です。


なお、変動金利から固定金利への変更では、

別の金融機関の固定金利に借り換えるのも

一つの方法です。


たとえばフラット35は、

固定金利でありながら金利の水準は低く、

取り扱う金融機関も多いため、

金利や諸費用を比較して有利なところを

選ぶことができます。


ただし、借り換えの場合、

事務手数料などの諸費用が発生する点に注意です。


金利の水準や手数料を比較したうえで、

「金利タイプの変更」を選択するのか、

他の住宅ローンへの「借り換え」を選ぶのかを

決めると良いでしょう。


変動金利から固定金利に変更する場合、

月々の返済額や返済期間も変更になるため、

変更後の返済計画が家計を圧迫しない

レベルかどうかもしっかりと確認しましょう。

 

変動金利のリスクを回避する方法 その2

一部繰り上げ返済をする

 

住宅ローンを返済中の方が変動金利のリスクを

回避する有効な方法のもう一つは、

繰り上げ返済です。


変動金利が上昇をはじめた時点で

繰り上げ返済を行えば、

住宅ローン残高を減らして

返済利息を圧縮することができます。


そのため、変動金利を選択する際は、

金利上昇のリスクに備えて、

あらかじめ繰り上げ返済用の貯蓄を

多めに確保しておくと良いでしょう。


なお、繰り上げ返済では

通常、「返済期間の短縮」と「毎月返済額の減額」

のどちらかを選ぶことができます。


総返済額の圧縮効果が大きいのは

「期間短縮型」のほうですが、

毎月の返済額の増加が家計に影響しそうな場合は、

「返済額減額型」を選択するのも一つの方法です。

 

変動金利のリスク回避。

 まだ住宅ローンの借り入れをしていない場合は?


住宅ローンの借り入れ前で、

金利タイプを検討している段階であれば、

以下のようなポイントに気を付けて

リスク回避を行ってみましょう。


変動金利のリスクを回避する方法 その1

 ミックス金利で借り入れる


住宅ローンには、

複数の金利タイプを組み合わせる「ミックス金利」

という借り入れ方法があります。


たとえば、住宅購入資金の半分を変動金利、

もう半分を固定金利で借り入れれば、

金利上昇時のリスクを

大幅に減らすことができるでしょう。


ただし、ミックス金利を選ぶ際は、

変動金利のリスクを回避できる一方で

「低金利」という変動金利のメリットも

制限される点に注意が必要です。


組み合わせる金利タイプは

変動金利と長期固定金利(全期間固定金利)が

ベターです。


5
年固定や10年固定といった期間固定型を組み入れると、固定期間の終了後に

「変動金利に切り替わる」可能性があるため、

変動金利と同様のリスク(=金利変動リスク)を

抱えてしまうことになります。


なお、ミックス金利の繰り上げ返済を行う場合は、

変動金利部分を優先させると良いでしょう。

 

変動金利のリスクを回避する方法 その2

 一部繰り上げ返済しやすい住宅ローンを選ぶ


前述の通り、変動金利のリスク回避の方法として、

繰り上げ返済は効果的な方法です。


住宅ローンの借り入れ前であれば、

一部繰り上げ返済のしやすさも考慮してみましょう。


現在、メガバンクや地銀も含めた

ほとんどの金融機関は、

インターネットバンキングからの

一部繰り上げ返済に対応しています。


ネット上からであれば、

繰り上げ返済手数料が無料のところも

少なくありません。


ただし、金融機関によっては、

「繰り上げ返済の予約申し込みが前日15:00まで」

「全額繰り上げ返済については店頭での手続きが必要」

など、注意しておきたいポイントもあります。


一方、ネット銀行の繰り上げ返済は、

メガバンク等のインターネットバンキングと

比較すると、より自由度が高めです。


インターネット上から24時間365

手続き可能なことはもちろん、

一円単位からの返済も可能です。


また、予約の申し込みも

前日19:00まで受け付けているところが多く、

市中銀行よりも長めです。


さらに全額繰り上げ返済も

オンラインでの手続きが可能となっており、

金融機関に出向く必要はありません。


変動金利の金利上昇リスクに

いち早く対応できるという意味でも、

ネット銀行の繰り上げ返済の利便性は

チェックしておきたいポイントと言えるでしょう。

 

変動金利はリスク回避の方法を

 しっかり把握して賢く活用しよう

 

住宅ローンでもっとも迷う方が多い

「変動金利」と「固定金利」。


現在、固定金利が連動する

「長期金利(新発10年国債の利回り)」は、

米国の利上げの影響も受けて

上昇圧力が高まっています。


一方、変動金利が連動する

「短期プライムレート」は低水準で安定しています。


この2つの金利の方向性の差が、

現在、住宅ローンで変動金利の人気が

高まっている理由です。


しかし、変動金利は、

固定金利にはない金利上昇という

リスクをかかえていることも事実です。


目先の低金利のみで変動金利を選んでしまうと、

将来、金利が上昇したときに

思わぬダメージを受けることになりかねません。


金利の低い変動金利で、

住宅ローンの総返済額を抑えたいと考えている方は、

同時にリスク回避についても

知っておく必要があります。


万一の金利上昇シナリオを考慮しつつ、

固定金利への借り換えや繰り上げ返済などの

リスク回避の手段を準備しておくことで、

低金利の恩恵を受けることができるはずです。


将来の返済に困らないためにも、

今回ご紹介した変動金利のリスク回避の方法を参考に、

住宅ローンを賢く借り入れましょう。


それでは、また。

 

見学会のお家のご紹介の続き...

2018.09.14 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の阿佐美由香です。

秋の気配を感じるようになりましたね。


先日見学会とお引渡しさせていただいたお宅のご紹介②です。


        玄関には大容量の靴箱です!
        ガラス窓付きの玄関引戸で明るい広々空間でお客様をお迎えします。
CIMG5106.jpgCIMG5109.jpg
CIMG5113.jpg
          玄関からもリビングから繋がる和室で客様をお迎えできます。
CIMG5100.jpg
          階段下のデッドスペースも和室からの収納にしました。
          お子さんの隠れ場所になりそうですhappy01

CIMG5104.jpg
           洗面スペースはリビングと扉無しで繋がります。
           隣のトイレの手洗いはこの洗面化粧台でshine
          
CIMG5122.jpg
           トイレは階段下を利用しました。
           窓下のカウンターもいいでしょ。
CIMG5087.jpg
       
           2階の子供部屋はピンク色の雲のクロスを選びました。
           落ち着いたドアの色とも良く似合いますね。

CIMG5125.jpg
           カーテンもピンクで揃えました。
CIMG5124.jpg

やっと秋です!

2018.09.11 / スタッフブログ


皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の渡邊千夏です。



やっとやってきました!秋です!!!(笑)

スポーツの秋tennis

大坂なおみ選手が快挙を成し遂げましたね!!

我が家はテニス一家なので、流石に早朝の試合は見られませんでしたが、

テレビの特番にくぎ付けですcoldsweats01

謙虚さや、精神の強さ、そしてインタビューで垣間見れる可愛い笑顔に、

心奪われています(笑)



芸術の秋art

先日母校の高校の吹奏楽部の演奏会を聴きに行ってきました。

ゲストは高校の同期のユーフォニアムプレイヤー、山崎由貴!

在学中からとっても上手でしたが、

今や東京藝大の大学院の学生で、先日も国際コンクールで3位に輝くなど、

今大注目の若手プレイヤーです!

演奏会ではスパーク作曲のハーレクインを吹奏楽バックで。

素晴らしい演奏でした!

(音楽業界では素晴らしい!を、さーし!というのです!本当にさーし!でした!)

これからも友人として、ファンとして、ずっと応援していきたいなと思います。

音楽好きの方、是非チェックしてくださいね!
 


ということで、既に秋を満喫しております(笑)

皆様も「平成最後の秋」、楽しんでくださいねmaple

2018/09/11上棟式でした!


こんにちは。

昨日の土砂降りから一夜明け、

やっと、やっと!秋風を感じられるようになってきましたね~maple

そんな心地いい気候の中、本日は中区泉の現場で上棟を行いました。

image1.jpeg


夕方の上棟式にはお施主様にもご参加いただき、ありがとうございました。

住宅街の中に位置していますので、ご近所の方々のご理解も大変ありがたく存じます。

完成まで、段取りよく、チームワーク良く進めていきます。

皆様どうぞよろしくお願い申し上げます!


災害に備えてください

2018.09.08 / スタッフブログ

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて

リフォーム・リノベーション・新築建替え・不動産をさせていただいています。

うり坊のキャラクターの皆戸中建築の皆戸中博美です。
 
 
今年は台風が多くて、地震もあって 心配続きです。
 
わが家の子供らが住んでいるところででも 台風で停電してしまって、
 
普段は携帯のライトで十分、今は携帯があれば なんとかなる時代。
 
娘や息子や甥っ子は 懐中電灯もなく 携帯もいつ充電できるかわからないので
 
そうそう使えないため ただ、ただ、電気が点くのを待つcryingしかなかった
 
見たいですが、早速用意するように言いました。
 
今は、電池がなくても 太陽電池と手動で充電できるものもあるらしく
 
いいなと思い買っておこうと話していたところ それらしきものが
 
わが家の玄関に置いてあるではありませんかsign02

DSC_0442.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

これ、

携帯も充電できます。happy02 

実はこれ、次女が中学の時に技術で作ったものでしたheart04

ちゃんと点きますよ。

懐中電灯の明かりだけでは、 部屋を明るくするのは 難しいのですが

先日、懐中電灯の明かりで、少しでも部屋が明るくなる工夫を

ニュースで紹介してました。見ていた方もいるとは思いますが

見ていなかったかたのために 紹介します。

DSC_0446.JPG

まず、ペットボトルに水お入れ、

懐中電灯を立てて(立たない場合は

大きめのコップなどの容器に懐中電灯を入れる)

DSC_0444.JPGのサムネール画像

こんな感じになり、周りが ほわっと

乱反射で明るくなりますhappy02

部屋のなかは、ろうそくくらいの
 
明かりですが、地震で余震がつづく 
 
時にも お子さんが小さいご家庭にも
 
安心wink
 
 
 
 
 
とりあえず、懐中電灯がなければ話になりませんがcoldsweats01
 
ご用意下さいflair

2018/09/08お引渡しでした!


こんにちはsun

本日は朝から袋井市のお家のお引渡しを行いましたhouse

お引渡しでは記念にテープカットセレモニーをやらせていただいた後、

お家の中をご確認いただき、設備やサッシのお取り扱い説明をさせて頂きました。

CIMG5068.JPG



外構の工事はまだ続きます。その後も末永く宜しくお願い致します。

お子様のご成長も楽しみです。新しいお家ですくすく健康に育ってほしいですね。

新生活のスタート、素敵な時間が過ごせますよう心よりお祈り申し上げますconfident

2018/09/08住まいのお得情報!「フラット35、金利引き上げ!」

台風21号及び北海道胆振地震に被害にあわれた方、

また、関係者様が被害にあわれた方、

謹んでお見舞い申し上げます。


このところ、自然災害が猛威を振るっております。


このようないざという時に備えて、

ご自宅に防災用品・防災グッズ・

防災バッグ・非常袋と呼ばれるようなものを

準備していますか?


実際に、地震などの大きな災害の経験がある

一部の地域では、多くのご家庭で

水や食料の備蓄をされていたり、

非常袋などが用意されています。


しかし、今回のように前例が少ない地域での災害は、

ほとんどのご家庭では準備されていないみたいです。


また、厳密に言えば

「防災グッズ」というものは存在しません。

 

災害は、グッズをそろえる程度では

防げないものだからです。


さらに言えば、水と食料3日分の用意も、

優先順位的には最後の方です。


なぜなら、今回の災害を含め、、

これまでの国内で記録ある自然災害において、

水や食料不足が理由で亡くなった方は

ほとんどおりません。


現在は、どこの自治体でも連携して

災害対策をおこなっており、

インフラが停止するような大災害が発生しても、

数日内に救援物資が届くのは間違いないところです。


ですので、

防災グッズは、以下の順番で用意しましょう。

 
1.
実際に生命の危機に陥るリスクを軽減するもの

2.自宅が危機に面した場合に避難を手助けするもの

3.避難所生活が長期に渡った場合、

 健康を維持するために必要なもの

4.より避難生活を快適に、

 便利に過ごせるようにするもの


市販の非常袋(非常用持ち出し袋)に

自分の必要なグッズを入れて、

オリジナルの防災バッグを用意しましょう。


また自宅が比較的地震のリスクに

弱い古い木造家屋であるか、

鉄筋コンクリートによるものか、

3階程度の低層住宅か、中高層住宅かによっても

用意する物の種類や分量は異なります。


そして基本的に

安全な家に住み、安全な寝室で寝ることこそ

本当の災害対策になるのです。

 

家庭で用意しておくべき災害時の準備用品リスト


大規模な地震災害が発生して

ライフラインが止まった場合、

公的な支援が行き渡るまでに、

家族の生命・健康を維持するために、

どのようなものを準備しておけばよいのかを

具体的にリストアップしました。


飲料水 

113リットルが目安。


非常食

保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品

保存可能期間2年~5年のものが理想的。


医薬品

常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、

ばんそうこう、はさみ、ピンセット、

消毒薬、整腸剤、持病のある方はその病気のための薬


衣類

重ね着のできる衣類、防寒具、毛布、下着類、

靴下、軍手、雨具、カイロ。


停電時用

懐中電灯、ろうそく、マッチ、携帯ラジオ、

予備の電池。携帯ラジオは手巻きの充電式が便利。

(最近のものは携帯電話も充電できます。)


避難所への持ち込み用グッズ

着替え、毛布、布団、寝袋、タオル、ティッシュ、

ウエットティッシュ、ビニール袋、生理用品、

筆記具(油性)、食器類、スプーン。


緊急時の避難・救助用

笛、コンパス、ナイフ、ロープ、懐中電灯、シャベル、

バール、ノコギリ、ハンマー等の工具。


貴重品

現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、

権利書、各種カード、保険証など 。


長期避難用アウトドアグッズ(キャンプ用品で可)

燃料、卓上コンロ、ガスボンベ、固形燃料、

調理用具、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、

古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート

断水に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ、

紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用)。


役に立つ日用品

布粘着テープ、

(油性マジックを使ってメモに使用したり、

 ガラスの破片を取るときに利用できる)

ラップ(水不足の時に食器に使用、

保存など多用途に使える)、

梱包用ひも、風呂敷、ダンボール。

 

今回の災害の前になりますが、

91日は、防災の日でした。


昔、関東大震災が起こった日と、

この時期が台風シーズンという事で制定されました。


いつ起きてもおかしくない

地震や津波・台風などの災害に備えて、

既に防災の準備ができている方は見直し、

まだできていない方は準備しましょう。

 

さて月初めは

住宅ローンの金利が気になりますよね。

それでは、

早速今月発表された

各金融機関の

今月の住宅ローン金利を見てみましょう。


メガバンク5銀行より発表された

20189月適用分の住宅ローンです。

以下にご紹介するものは、
当初10年間の金利が固定される
各行の主流タイプの商品です。


〇三菱東京UFJ銀行...1.15→1.20%(+0.05%)


〇三井住友銀行...1.15→1.20%(+0.05%)


〇みずほ銀行...0.75→0.90(+0.15%)


〇りそな銀行...0.645→0.695%(±0.00%)


〇三井住友信託銀行...0.75→0.75%(±0.00%)


今月の、メガバンクの上位3行は、

金利を引き上げるというカタチで

足並みが揃いました。


ただしこれは、

当初10年間の金利が固定されるタイプの商品に

関してのみです。


細かく見てみると

三菱東京UFJ銀行は、

変動金利と3年固定を据え置く一方で、

他の期間の金利に関しては引き上げています。


これで長期固定金利の引き上げは4ヶ月連続です。


次に人気の

三井住友銀行ですが、

変動金利を据え置く一方で、

短期固定、中期固定金利を引き上げ、

長期固定金利に関しては若干ですが引き下げています。


これは意外な動きと言えるでしょう。


みずほ銀行は、

変動金利を据え置く一方で、

短期、中期、長期金利を引き上げていますが、

借り換えの25年固定に関しては引き下げており、

過去にない金利の動きになりました。


2018
9月は、メガバンクによって、

判断が分かれた月といえます。


では、先月、金利を据え置いた、

固定型住宅ローンの代名詞でもある

全期間固定型金利の【フラット35】は

どうなったでしょうか?


さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!

―――――――――――――――――――――――――――――

今週のTOPIC 「フラット35、金利引き上げ!

―――――――――――――――――――――――――――――


住宅金融支援機構(東京都文京区)が

民間金融機関と提供するフラット35

20189月の適用金利が発表されました。


融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の


 主力タイプの金利幅は...


 1.39%(前月より+0.05%)~2.02


と、今月は引き上げました。

 

金利は引き上げましたが、

まだまだフラット35史上低金利の状態ですので、

魅力的なサービスを提供中です。

 


融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅は以下の通りです。


1.31
%(前月より+0.02%)~1.94


と、中期に関しても引き上げました。

 

融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下のタイプの金利幅は...


1.83
%~2.46

 

融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの金利幅は...


1.75%
2.25

 


以上のようになっています。

 

今月のフラット35は、

全てのタイプで金利を引き上げました。


メガバンク、ネットバンクなど、他の金融機関が、

中期固定、長期固定の金利を引き上げるのと同じく

フラット35も金利を引き上げました。


引き上げたといっても先月に引き続き

歴史的低金利になっておりますので、

魅力的なサービスを提供中です。


少し気になるのは、

0.05%引き上げておりますので、

今後は、フラット35も大幅な金利上昇の

傾向になるのかというところです。


今月の住宅ローンの動向は、

変動金利を据え置く一方で、

他の金利帯に関しては

ほとんどの金融機関が引き上げた月になりました。


今回の金利引き上げの要因は、

先月お伝えしたとおり、

日銀の金融対策決定会合にて、

長期の金利の変動が容認されたことです。


予想通り0.2%まで上昇し、

住宅ローンの金利が0.2%以上、上昇しました。


今後この幅がさらに引き上げられる可能性が高く、

引き続き本年度後半の金利上昇を予想していますが、

その一方で住宅価格は

下落する可能性が高いと考えています。


理由は住宅ローン金利が上昇すると、

総返済額が膨らむため、住宅を購入できる方が減り、

物件価格を落とさざるを得なくなるからです。


その兆候はすでに出てきており、

今後も住宅ローン金利と物件価格には

注意する必要があるでしょう。


現在購入を検討している方はもちろん、

住宅ローンを借り換えのタイミング

を見極めているという方は、

今後さらに金利が低下する可能性が

低いということを認識しましょう。


すでに住宅ローンを組まれている方で、

短期固定金利を利用している方には、

できるだけ早いタイミングで

長期固定金利に借り換えることをおすすめします。


また物件購入を検討している方は、

良い物件があるなら、金利が上がる前に購入し、

住宅ローンを組むのも選択肢の一つです。


住宅購入は、買いたいと思った時が買い時です。


物件探しの過程で希望する物件が見つかった場合、

本当に買いたいかどうかをしっかり考え、

欲しいと思うが多少高いくらいなら

購入することをおすすめします。


多少の金額の大小は、

自身の収入アップと

住宅ローン選びで何とかなります。


住宅ローンの情報を参考に、

自分に合った住宅ローンを見つけましょう。

 

そして

今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、

フラット35は、借入時から完済時まで

全期間固定型の住宅ローン商品なので、

今借り入れた方は35年後の完済時まで

ずっと低金利の恩恵を受けられる...

というメリットがあります。


いくら借入時の金利がいくら低くても、

何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活...

そうなってしまっては元も子もありません。


目先の数字にとらわれず、

しっかりとそれぞれの住宅ローン商品の

メリット/デメリットを理解し、

家族のライフプランに合った住宅ローンを

選択しましょう!!

 

下記のサイトにて、

フラット35の金利推移をご確認いただけます。

現在がどれほど低金利であるか?? ご参照くださいませ。


http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top


【フラット35】の利用を予定している方、

住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、

いずれにしても、

早めに行動へ移すことをお勧めします!!


最後に、金利が上がりましたが

20189月の住宅ローン金利も、

過去最低水準で推移していることに

変わりはありません。


現在購入を検討している方はもちろん、

住宅ローンを借り換えのタイミングを

見極めているという方にとって、

金利が上がり始めたここ数か月は、

検討する価値があります。


住宅ローン金利が最低水準にある、

この機会を見逃さないようにしましょう。


それでは、また。