静岡県浜松市で自然素材のおしゃれローコスト住宅を建てるなら皆戸中建築

皆戸中建築

  • ホーム
  • サイトマップ
お電話でのお問い合わせ
0120-87-0669
皆戸中建築ブログ

200日感謝祭開催!!!

浜北ショールーム OPEN 200日感謝祭開催!!!


14.jpg


日頃の感謝の気持ちを込めまして、

浜北ショールーム OPEN 200日感謝祭を開催いたします!


【開催日】2019年8月31日(土)~2019年9月1日(日)

【時間】10:00~17:00

【場所】浜松市浜北区本沢合814 浜北ショールーム 1階

【参加費】無料


ご来場いただいた方には、W特典といたしまして

カレーセットフリードリンク

をご用意させていただきました!


その他にも、

イベント当日にお見積もりご依頼いただいた方には、

お見積もり特典といたしまして、

お楽しみ抽選会をご用意させていただきました。


ぜひ、みなさまご来場くださいませ。


スタッフ一同、心よりお待ちしております。


08.jpg


■ 今週のTOPIC 「トイレの照明におすすめの明るさ」

ホテルやデパート・美術館などの


トイレに入ると、

結構内装や照明が気になります。



一昔前は明るく清潔感のあるトイレが

高い利用度を誇っていましたが、

最近では内装材や色、照明にこだわった

新しい感覚のトイレルームに

人気が集まっています。



このような公共的なトイレは

同じ人が何回も利用する訳ではないので、

美しさや面白さと言う点で

評価されることもあります。



一方、住宅のトイレは

狭い空間であるがために、

特に照明はその手法に制約を受けます。



トイレルームは

単独の部屋とバス・洗面が一体化となった

ユニット型があります。



単独のトイレルームは

一畳があるかないかの狭い空間のため、

内装や照明が暗いと

あまり心地よさを感じないのが一般的です。



またバス・洗面が一体化となったユニット型は、

湯気の発生が起こるため、

必ず防湿マークのついた照明器具を

選ぶ必要があります。



狭いトイレ空間の照明は

天井灯か壁付け器具が一室一灯で選ばれます。



天井灯は普通部屋の中心に取り付けられますが

便器の真上を避け、前方向か

場合によっては後ろ方向にずらした位置に

白熱灯60W用が選ばれます。



そして器具はできるだけ光が広がって、

壁や天井の一部が明るくなるようなものが

開放感や清潔感を表現してくれます。



これは排泄物の健康チェックのため

便器内が自分の頭の影にならないように

するためです。



ブラケットは狭い空間では

あまり勧められません。



狭い空間故、

邪魔な存在になりかねないからです。



しかし階段下のトイレのように

天井高がなく傾斜している場合は

ブラケットが望ましいこともあります。




トイレの照明器具に
 おすすめの明るさ・光源とは



トイレは一般に白熱灯が勧められます。



その理由は、

第一にトイレは電灯の点滅を

頻繁に繰り返すことが考えられるからです。



蛍光灯はランプ寿命が低下しますが

白熱灯にはそのようなことはありません。



第二に排泄物の色がよく見える点です。



排泄物の色は健康のバロメーターですので

異常を見間違えないように

白熱灯が選ばれます。



第三に深夜のトイレ利用です。



深夜は目が暗さに慣れているため、

通常より暗くしないと

まぶしいさで目が冴えて

寝付きが悪くなります。



特に高齢者には注意が必要です。



白熱灯は明るさの調光が容易に出来るので、

深夜の利用が多い方は

調光できるようにしておくと

良いかもしれません。



白熱灯、蛍光灯に限らず、

ランプの交換や器具の清掃のことを考えて

照明器具のデザインを考えねばなりません。



狭くて足元の悪いところでは、

特にランプ交換が行いやすい

下面開放型器具が便利です。



また、トイレは

明かりの消し忘れ防止を考えるにあたって

人が不在のときは自動で照明が消える

人感センサ付き器具の導入が勧められます。



トイレの照明は部屋が狭いため

ついおろそかにされがちですが、

実は重要な空間になります。



それでは、また!


 



―――――――――――――――――――――――――

■ 今週のTOPIC「フラット35 史上最低金利を更新!」


住宅金融支援機構(東京都文京区)が

民間金融機関と提供するフラット35の

2019年8月の適用金利が発表されました。


◆融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の

 主力タイプの金利幅は...

 1.17%(前月より-0.01%)~1.87%

と、今月は小幅ながら金利が下がりました。


先月から続いている、

フラット35史上最低金利を更新しました。


また、金利1.20%台を切り、

更なる魅力的なサービスを提供中です。
 


◆融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅は以下の通りです。

1.11%(前月より-0.01%)~1.81%


と、中期に関しても引き下げました。
 

◆融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下のタイプの金利幅は...

1.61%~2.31%


◆融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの金利幅は...

1.55%~2.25%


以上のようになっています。
 

今月のフラット35は、

全体的に小幅に金利を引き下げました。


ここ数か月で、

金利が上がったのは3か月前のみで

1.20%台を切る

フラット35史上の低金利を継続し

魅力的なサービスを提供中です。


フラット35を検討している方にとっては、

うれしいニュースとともに

大きなチャンスを継続中です。


メガバンク、フラット35以外の動きですが、

全ての金融機関が変動金利を据え置き、

多くの金融機関が固定金利を据え置くか、

小幅ながら金利を引き下げています。


今月の住宅ローンの全体的な動向は、

総じて据え置き、

一部の金融機関が金利引き上げ

もしくは引き下げており、

判断が分かれる月だったと

言えるでしょう。


主要金融機関18行の中で、

金利を引き上げたのは

東京スター銀行とみずほ銀行の2行でした。


ちなみに、

現在の長期金利低下は

明らかに異常な水準にあり、

反発は目前と考えています。


今までも流れから、

これ以上の金利低下は考えにくいと

考えていたことから、

今月の金利低下には率直に驚きました。


また、景気が悪化し、

住宅価格が下がるのを待っている方も

多いと思います。


しかしながら、

景気の悪化と住宅価格は

リンクしなことが多いです。


更に、2019年10月には

消費増税が控えています。


住宅ローン減税が拡充されるとはいえ、

住宅価格の上昇分を

打ち消すほどの効果はありません。


いずれにしても、

住宅ローンの利用を検討している方にとって、

7月以上にチャンスの月になっています。


現在の住宅ローン金利は

過去最低水準にあり、

新規借り入れ、借り換え共に

絶好の機会であることに疑う余地はありません。


間違いなく大きなチャンスです。


すでに物件を購入している方は、

将来の金利上昇に備え、

今月も金利の下がった

長期固定金利やフラット35への

借り換えを検討するのも良いでしょう。


新たに物件購入を検討している方は、

物件価格が低下傾向にある今のうちに

物件を購入し、

住宅ローンを組むのも良いでしょう。


そして

今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、

フラット35は、借入時から完済時まで

全期間固定型の住宅ローン商品なので、

今借り入れた方は35年後の完済時まで

ずっと低金利の恩恵を受けられる...

というメリットがあります。


いくら借入時の金利がいくら低くても、

何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活...

そうなってしまっては元も子もありません。


目先の数字にとらわれず、

しっかりとそれぞれの住宅ローン商品の

メリット/デメリットを理解し、

家族のライフプランに合った住宅ローンを

選択しましょう!!


※下記のサイトにて、

フラット35の金利推移をご確認いただけます。

現在がどれほど低金利であるか?? ご参照くださいせ。

http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top



【フラット35】の利用を予定している方、

住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、

いずれにしても、

早めに行動へ移すことをお勧めします!!


最後に、金利が大幅に下がった

2019年7月の住宅ローン金利は、

過去最低水準で推移しております。


現在購入を検討している方はもちろん、

住宅ローンを借り換えのタイミングを

見極めているという方にとって、

金利が低いい今月は、

検討する価値があります。


住宅ローン金利が最低水準にある、

この機会を見逃さないようにしましょう。

それでは、また。
 

夏季休暇のお知らせ

yacht夏休みのお知らせwave


休業日:2019年8月11日(日)~15日(木)


上記期間、誠に勝手ながら休業させていただきます。


大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、

ご了承下さいますようお願い申し上げます。
17.jpgのサムネール画像

■ 今週のTOPIC 「宅配ボックス 種類と特徴」

―――――――――――――――――――――――――――――


今週のTOPIC 「宅配ボックス 種類と特徴」


―――――――――――――――――――――――――――――



宅配の荷物を受け取る機会が多く、

留守がちなご家庭にあると便利なのが

宅配ボックスです。



不在時に荷物などを受け取ることができる、

マンションではお馴染みの設備アイテムです。



最近では、一戸建て用の

商品バリエーションも増えてきて、

身近な住宅機器のひとつと

なってきているようです。
 

そこで今回は、

宅配ボックスのメリットや種類と特徴を

お伝え致します。



宅配ボックスを設置するメリットは


 留守でも荷物を受け取れ、
 防犯面も安心な事です。



宅配ボックスのメリットは、

なんといっても不在時に配達される

荷物を受け取れ、保管できることです。



共働きであれば、週末にしか

受け取れないケースもあるでしょうし、

急な外出で不在になる場合もあるものです。



宅配ボックスを設置することで、

荷物の配達の日時を気にしないですむ、

ということが大きな魅力でしょう。



また、帰宅後に再配達の連絡も不要ですし、

直接対面しての受け取りではないので

プライバシーやセキュリティなどの面でも

安心なこともメリットとして挙げられます。



不在時だけでなく、

夜間の来訪であったり、高齢の方や

幼いお子さんがいらっしゃるご家庭など、

外部との対応に不安を感じる場合などでも、

便利なアイテムと言えます。
 


宅配ボックスにはどんな種類がある
 
 機能で分けると「機械式」と
「電気制御式」のふたつです。



宅配ボックスは、機能的に分類すると、

ダイヤル錠などにより扉の施解錠を行う

「機械式」と

外部の電源を利用して扉の施解錠を行う

「電気制御式」があります。



「機械式」には、

電池などを利用して作動させるものも

含まれます。



戸建住宅に取り入れる場合では、

「機械式」は配線工事が不要なので、

新築だけでなくリフォームでも、

比較的簡単に設置することができるでしょう。



エクステリアメーカーなどの商品も

多くみられます。



電気関連の故障やメンテナンスなど

諸経費も不要なのもメリットでしょう。
 



宅配ボックスのサイズはどのくらい?
 
 サイズは商品によって異なります。
 


戸建住宅用の宅配ボックスの大きさは、

メーカーや商品によっても異なりますが、

いくつかの種類が揃っています。



受け取れる荷物のサイズでは、

宅配60サイズ

(荷物の長さ、巾、高さの3辺の寸法の

 合計が60センチまで)から

宅配100サイズ程度です。



スリムなタイプや

コンパクトなタイプなどもみられます。

 
また、受け取ることができる重さも

商品によってさまざまなので、

受け取ることが多い荷物を

考慮することが必要です。
 



設置するにはどんな方法があるのか
 
 門塀や外壁に埋め込んだり、
 スタンドなど様々なデザインがあります。



住宅向けの宅配ボックスには、

門塀や外壁などに埋め込むタイプや

壁掛タイプ、

専用のスタンド(ポール)などに

設置するタイプ、

機能門柱と組み合わせるタイプ、

据え置きタイプなどがあり、

敷地条件やエクステリアプランによって、

選ぶことが可能です。



設置する場所に合わせて、

ボックスの扉の開閉方向を

選ぶことができる商品もみられます。



また、郵便ポストと宅配ボックスが

一体化したタイプなどもありますし、

エクステリアメーカーの商品には、

門柱や門扉、フェンスなどと

コーディネートできるタイプなども

揃っています。



ボックスをふたつ以上

組み合わせることができる商品もあります。




デザインバリエーションはある 
 
 ナチュラルなタイプや
 ビビットなカラーも揃います。
 

メーカーの商品傾向をみてみると、

シンプルなタイプだけでなく、

ナチュラルな木目調や

ビビットカラーの扉デザインも

みられるようになりました。



ポストと一体化したタイプや

すっきりとしたデザインなど、

外構デザインに溶け込むようなタイプも

増えてきています。



玄関扉や門扉などと

コーディネートしやすいシリーズも

みられます。
 



どんな荷物でも受け取れるのか
 
 生鮮食料品などは不可です。
 

注意したいのは、

受け取りは宅配ボックスひとつにつき、

一個の荷物なので、

荷物を取り出さないと

次の荷物を預かることができないことです。



また、生鮮食料品などの生もの、

貴重品、書留などは

受け取ることはできないことも

理解しておきましょう。
 



使い方は 捺印はどうするのか 


 簡単な操作で使い勝手も高まっています。



宅配ボックスは、

メーカーや商品によって

詳細部分は異なりますが、

基本的に操作は簡単です。



多くみられる「機械式」のタイプの場合、

メーカーや商品によって

手順は前後する場合もありますが、

配送業者さんと居住者の操作は

以下のとおりです。



配送業者さん

・宅配ボックスの扉を開けて荷物を入れる

・ボックス内に用意された印鑑、もしくは押印装置などを利用し、伝票(受領書)を押印。

・扉を閉じロックボタンなどで施錠



居住者

・荷物の有無を表示や窓などから確認

・鍵などで扉を開け荷物を取り出す

・扉を閉め、空きの状態に戻す
 



宅配ボックスの最新傾向は
 
 スマートフォンで確認、
 集荷などができるタイプがでました。



最近では、スマートフォンで

荷物の投函や取り出し状況の確認ができる

商品などもみられるようになりました。



ホームユニットなどを通して、

スマートフォンに専用アプリなどを用い、

荷物の受け取り・取り出し時に

スマホに通知が届くタイプ、

複数荷受けや集荷対応もできるシステムを

取り入れた商品もあります。



共働きなど外出が多く、

宅配の利用頻度が高い家庭には

便利な機能かもしれません。

 

プランニングの注意点は


 利用する頻度や荷物の大きさを考慮し
 ショールームで操作をしましょう。



新築やリフォームで宅配ボックスを

取り入れる際には、

利用する頻度や荷物の大きさ、

操作性、将来のライフスタイルの変化などを

考慮して選ぶことが基本です。



宅配ボックス単体で検討するのではなく、

門扉や玄関まわりのプランニングと同時に

検討することも大切でしょう。



また、使い勝手はもとより、

大きさやデザイン、素材感などは、

ショールームで実際の商品を

操作するなどして確認をしましょう。



ホームセンターなどで

取り扱っている場合もあるので、

機会があれば、

チェックしておくようにしましょう。



それでは、また!



■ 今週のTOPIC 「家庭用蓄電池の種類・特徴・選び方」


―――――――――――――――――――――――――――――


今週のTOPIC 「家庭用蓄電池の種類・特徴・選び方」


―――――――――――――――――――――――――――――



日々の暮らしはもちろん、

家づくりの際には、

「省エネルギー」に配慮した

プランや設備・建材を選ぶことは大切です。



そして、太陽光発電システムなどによって

エネルギーを生み出す「創エネルギー」や

エネルギーをためる「蓄エネルギー」も

注目されています。



「蓄エネルギー」機器として挙げられるのが、

家庭用蓄電池(蓄電システム)です。



災害時の電源確保だけでなく、

節電意識の高まりなどからも

関心は高まってきており、

最近では、メーカー商品にも、

機能や形状などが異なる、

さまざまなタイプが揃ってきました。



持ち運びができる

容量の小さいタイプもありますが、

ここでは、ある程度の容量のある、

定置型の家庭用蓄電システムについて

お伝えします。




家庭用蓄電システムの種類

 蓄電システムに用いられる蓄電池には、
 リチウムイオン蓄電池や鉛蓄電池、


ニッケル・水素電池などがありますが、

家庭用蓄電システムに多くみられるのは

リチウムイオン蓄電池でしょう。



リチウムイオンを用いた蓄電システムには、

コンセントにつないで使用する

(工事が不要な)タイプと、

配線工事を行い設置するタイプ(系統連系型)に

分けることができます。



コンセントから充電し、蓄電システム本体に

コンセントを差し込んで使用するタイプは、

停電時、パソコンや照明などの

バックアップとして、

また、電力需要の多い夏場のピークシフト

(電力を使用する時間帯をずらし、

電力需要のピーク時の電力消費を抑えること)に

活用することができるでしょう。



配線工事を行タイプ(系統連系型)は、

あらかじめ特定の機器

(冷蔵庫、照明機器、テレビなど)と

蓄電システムを接続しておくことで、

停電時のバックアップが可能です。



ピークシフトはもちろん、

太陽光発電システムとの

連携できるタイプもあります。



最近では、太陽光発電用と蓄電池用の

2
つのパワーコンディショナを

ひとつにまとめたタイプが流行りです。




メリット 停電時に電化製品を利用でき、
 電気料金の節約にも



蓄電システムを用いるメリットは、

電気会社の料金プランによっても異なりますが、

深夜の割安な電力を蓄え、

電力需要のピーク時に使用することで、

電力会社から購入する電力量を

抑えることができることです。



蓄えた電力を、

電気料金の高い時間帯に使うことで、

電気代節約にもつながります。



もちろん、停電時(非常時)に

使用することも可能です。



太陽光発電システムと

連携している場合であれば、

昼間に発電した電気を使用しながら

余剰分を蓄え、夜に使用することも可能です。



足りない分だけ電気を購入すればいいので、

電気代を節約することができるでしょう。



また、停電時には、

太陽光発電システムの自立運転によって

蓄電システムに充電、

昼夜問わず電気を利用すること可能です。



製品によりますが、

停電時に使用する家電製品を

設定しておくことができるタイプもあります。


また、蓄電システムに蓄えた電気と

太陽光で発電した電気を、
HEMS
Home Energy Management System 
ホーム エネルギー マネジメント システム)

などと連動させることで、

より効果的に使用することができるでしょう。




デメリット 
 蓄電容量に限りがあり、
 置くスペースが必要なこと



蓄電池は製品によって蓄電容量は異なり、

小型のものは蓄電容量が少ないため、

使用できる範囲も狭まります。



一般的に家庭で用いられる蓄電容量の目安は、

15kwh
までと言われていますが、

製品的には、1kwhから12kwhまで様々です。



緊急時に必要な機器が

使用できる容量のタイプを選ばなくては

意味がありません。



常に残量を意識しておくことも必要でしょう。


また、リチウムイオン電池は、

充放電回数の寿命を超えると、

蓄電容量が減少し、交換が必要になります。



製品によって、

充放電サイクルの回数や

残存容量が異なるため、

選ぶ際には確認することが大切です。



その他、蓄電システムの設置スペースを

確保しておくことも必要です。



製品やシステムによって

確保するスペースは異なりますが、

屋外用と屋内用があり、

寒冷地や重塩害地域などには

難しいものもみられます。



新築の場合は、

事前にサイズを確認しておきましょう。



最近では、小型のタイプや

壁掛けタイプなどもみられるので、

プランニングもしやすいでしょう。




低価格化も進んでいる。
 補助金制度を利用可能



従来に比べ、

家庭用蓄電システムの価格は

低下傾向にありますが、

まだまだ高価なアイテムであることには

変わりありません。



蓄電池の容量やシステム内容などによっても

異なりますが、

蓄電池本体の価格は、大雑把にいうと、

100
万円~300万円程度でしょう。



小型のタイプであれば、

100
万円以下のものもみられますが、

容量が大きく多機能のものは

400
万円以上の製品もあります。



また、本体価格の他に、

配線工事が必要なタイプであれば、

その費用や諸経費などもかかるので、

見積もりの際には注意するようにしましょう。



設置には、

地方自治体よって

補助金制度を設けているところもありますが、

補助金額や条件、

募集期間などは異なります。



自治体によっては

契約前に申請が必要な場合もあるので、

設置を検討しているのであれば、

早めに確認をしましょう。



また、国による、

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業

ZEH)の中で、

補助対象として採択されるZEH

蓄電システムを導入する場合には、

補助金額が加算されます。




プランニングは慎重に 
 太陽光発電システムと同時に検討を



家庭用蓄電池を選ぶ際のポイントは、

まず、充電容量です。



容量によって使うことができる

電気量や時間が異なるので、設置する目的や

ライフスタイルに適したものを選ぶことです。


合わせて、どのくらい長持ちするのか、

寿命を確認しておくことも大切です。



また、設置スペースに適したサイズか、

太陽光システムを設置している

(予定している)場合は、

連携させた場合の効果などを

確認しておきましょう。



もちろん、価格や保証・メンテナンスなども

重要なポイントです。



新築やリフォームでは、

太陽光発電システムと同時に

検討するケースも多いものです。



連携ができるか、

停電時に自立運転に

自動切り替えできるシステムか、

なども確認をしましょう。



電力の買い取り等、

制度の変更などにも注意も必要です。



専門的な部分も多いため、

設置を依頼する場合は、

上記の点をしっかりと説明し、

また、シミュレーションなどを

提示してくれたり、

補助金などの情報を提供してくれる

ビルダーなどに依頼しましょう。



最新の製品やシステムを

実際にショールームや

モデルハウスなどで確認することも

大切でしょう。



住まいや暮らしの

「省エネ」や「創エネ」「蓄エネ」を

考える時、まずは、断熱性の高い住まいを

実現し、エネルギーを無駄にしない

機器を選ぶことが基本です。



その上で、予算のバランスに配慮しつつ、

エネルギーを創りだす機器やためる機器、

という順序で考えることがポイントです。


家庭用蓄電システムは、

身近な住宅設備機器になりつつありますが、

太陽光発電システムやHEMSなども含め、

間取りプランや暮らし方などを

トータルに検討し、

じっくりとプランニングすることが大切です。



それでは、また!



■今週のTOPIC「住宅ローン年収のベストな割合」

―――――――――――――――――――――――――――――

■今週のTOPIC「住宅ローン年収のベストな割合」

―――――――――――――――――――――――――――――

住宅ローンを借りるとき、

「最大でいくらまで

 借りることができるのか?」は、

物件選びにも関わってくる

大変重要な問題の1つです。


この、

借りられる額(=借入可能額)を計算するとき、

もっとも大きな指標となるのが、

契約者の「年収」です。


住宅ローンの返済額が、

契約者の年収の何割を占めているか、

またその割合が金融機関の定める

上限に収まっているかどうかによって、

住宅ローンの借入可能額が決まります。


このような、

年収に占める住宅ローンの年間返済額の割合を、

「返済負担率」といいます。

俗に、住宅ローンは年収の2割まで

 (あるいは3割まで)」と

言われることがありますが、

その場合の「2割」「3割」は、

返済負担率のことを指しています。


住宅ローンの借入可能額を求めるのに、

契約者の年収をベースとした

返済負担率という考え方を、

欠かすことはできません。


しかし、返済負担率の適正範囲が

どのくらいなのか、

変動金利と固定金利ではどの程度

異なるのか等、

返済負担率の細かな部分までは

よく知らない、という方も多いでしょう。


そこで今回は、

「年収における住宅ローンのベストな割合」を

テーマに、返済負担率の適正範囲や、

フラット35・変動金利といった

各種住宅ローンによって返済負担率が

どのように変化するかなどをお伝えします。


◆年収に占める住宅ローンの割合、適正範囲は?


返済負担率の一般的な適正範囲は25%前後です。


負担率が20%(年収の2割)であれば

安全圏と言えるでしょう。


これは、年収の5分の1から

4分の1程度までであれば、

10年や30年といった長期のローンでも

無理なく返済していくことができる、

という1つの目安です。


また、民間の金融機関やフラット35など、

それぞれの住宅ローンでも

返済負担率の上限が決まっています。


●フラット35の返済負担率の上限

年収400万円未満の返済負担率は30%以下 

年収400万円以上の返済負担率は35%以下


●民間金融機関の返済負担率の上限(例)

年収300万円未満の返済負担率は20%以下 

年収450万円未満の返済負担率は30%以下

年収600万円未満の返済負担率は35%以下 

年収600万円以上の返済負担率は40%以下


上記でわかるように、

フラット35や民間の住宅ローンでは、

適正範囲とされる25%や、

安全圏と言われる20%よりも、

返済負担率の上限が高い位置に

設定されています。


年収によって設定されている上限額に

違いはあるものの、場合によっては

「少し無理することで、多めに借りる」

ことも可能となってしまうため、

まずは返済負担率の適正範囲内で、

おおよその借入可能額を

計算してみることをおすすめします。



◆住宅ローンの返済負担率を決める条件とは?

返済負担率は、

おもに以下の5つの条件をもとに

計算することができます。


①希望する借入額

 金額が少ないほど返済負担率が下がる


②住宅ローン金利

 金利が低いほど返済負担率が下がる


③返済期間

 期間が長いほど返済負担率が下がる


④返済方法

 ・元利均等返済 ... 返済負担率は、ほぼ一定
 (金利・年収など他の条件が変動しない場合)

 ・元金均等返済 ... 当初は返済負担率が高く、
  返済が進むにつれて下がる


⑤契約者の年収

 税込年収。金額が多いほど返済負担率が下がる


返済負担率の具体的な計算方法は、

借入額や住宅ローン金利をもとに

返済期間中の総返済額を求める必要があり、

やや煩雑になります。


金融機関や業界団体などが公開している

シミュレーションを利用すると、

必要事項を入力するだけで

おおよその返済負担率を

割り出すことができるので、

負担率をざっくりと把握したい場合に便利です。
 


●民間の金融機関では

 「審査金利」が使われるケースもある


なお、返済負担率をチェックする場合に

知っておきたいのが、

民間の金融機関で利用されることが多い

「審査金利」の存在です。


通常、返済負担率を計算する際に利用される

「住宅ローン金利」とは、

金融機関がホームページなどで公開している

金利(優遇金利など)のことと考える方が

多いはずです。


しかし、実際には多くの金融機関に、

仮審査や本審査の際に使われる専用の

金利(審査金利)が存在しています。


審査金利は、

金融機関が貸し倒れリスクを減らすために、

実際の住宅ローン金利よりも高め

(3%から4%前後)に設定されています。


金融機関によって数値が異なり、

一部、審査用の金利を持たない

金融機関もあります。


民間の金融機関では、

このような審査金利をもとに、

住宅ローン申込者の返済負担率を

計算しています。


審査金利の存在を知らないことによって、

シミュレーションよりも

借入額が少なくなる場合がある点には、

注意しておきましょう。



◆適正な割合で借り入れられる額を
 シミュレーション


それでは、返済負担率を意識した場合、

具体的にどの程度の額の

借り入れることができるのでしょうか。


以下は年収500万円で借りられる金額の目安を、

固定金利(フラット35)と

変動金利のケースに分け、

それぞれの返済負担率別に計算したものです。


●返済負担率ごとの借入可能額と月の返済額を比較

※試算条件:年収500万円、返済期間35年間、元利均等返済


■フラット35のケース(金利1.27%) 

・返済負担率20%の場合 
 借入可能額 約2825万円 月返済額 8.4万円 

・返済負担率25%の場合 
 借入可能額 約3531万円 月返済額10.5万円 

・返済負担率30%の場合
 借入可能額 約4237万円 月返済額12.6万円 

・借入可能額35%の場合
 借入可能額 約4943万円 月返済額14.6万円



変動金利のケース(金利0.457%)

 *返済期間中の金利変動はないとして試算 

・返済負担率20%の場合
 借入可能額 約3234万円 月返済額月8.4万円 

・返済負担率25%の場合
 借入可能額 約4043万円 月返済額10.5万円

・返済負担率30%の場合
 借入可能額 約4851万円 月返済額12.6万円 

・返済負担率35%の場合
 借入可能額 約5660万円 月返済額14.6万円


上記の通り、

返済負担率を高めに設定すればするほど、

借り入れできる金額が多くなります。


また、固定金利と変動金利の

金利差によっても、

借入可能額が異なることがわかるでしょう。


変動金利は、将来の経済動向によっては、

短期間で金利が大きく上昇する

リスクがあります。


ただし、返済負担率を抑えた状態でも、

固定金利よりも多くの資金を

借り入れられる点は大きな魅力です。


変動金利の金利上昇リスクに

しっかり備えておくことで、

変動金利型の住宅ローンは

有力な選択肢の1つになるでしょう。


一方で、

「金利の変動リスクは取りたくない」

という場合は、

フラット35のような

全期間固定型の住宅ローンを選ぶのも

1つの方法です。


同じ額の借り入れをする場合、

返済負担率そのものは、

変動金利と比較するとやや高めの水準を

許容することになりますが、

金利部分のリスクが抑えられているため、

返済計画そのものは安定しています。



◆まとめ


住宅ローンの借入額を決めるとき、

返済負担率に加えて、

もう一つ、大切な条件として考えたいのが、

家族のライフスタイルやライフプランです。


たとえば、

毎月の生活費にいくらかかっているか、

子どもの有無、

子どもがいる場合の進学方針

(私学受験や大学進学をどうするか)、

老後のための貯蓄状況はどうか、

など、同じ年収の家庭であっても、

家族構成や暮らし方によって

住宅ローン以外に

必要なお金は大きく異なります。


返済負担率は、

あくまで年収をもとに割り出した

平均的な指標にすぎないため、

毎月の返済額と

現在の生活費のバランスをみて、

無理なく返済できる金額かどうかを

チェックし住宅ローンを組みましょう。


それでは!

■今週のTOPIC「住宅ローン10年固定の特徴と賢い選び方」

今週のTOPIC「住宅ローン10年固定の特徴と賢い選び方」

住宅ローンを借り入れる際に、


多くの方が悩むのが、

変動金利と固定金利のどちらを選ぶべきか、

という点ではないでしょうか。



金利が低い一方で、

将来の金利上昇リスクがある

「変動金利」


金利上昇のリスクを限定できるものの、

変動金利と比較すると金利が高い

「固定金利」


それぞれに一長一短があるため、

最後まで選択に迷うことも

少なくありません。



このように判断がむずかしい

変動金利と固定金利の

中間的な位置づけとして、

多くの金融機関が提供しているのが、

10
年固定の住宅ローンです。



完全な固定金利でも変動金利でもないため

中途半端な印象を持たれることもある

10
年固定ですが、

特徴をしっかり把握し、

デメリットについて対策をしておけば、

多くのメリットがあることも事実です。



今回は、変動金利や固定金利と

同じくらいメジャーな

住宅ローン商品であるにもかかわらず、

賢い使い方などが意外に知られていない、

住宅ローンの10年固定についてお伝えします。




住宅ローン10年固定とは?
 まずはその特徴をチェック!



住宅ローンの「10年固定」とは、

住宅ローンを組み、返済がスタートした

当初の10年間の金利が固定される

住宅ローンです。



たとえば、

期間35年返済の住宅ローンを

組む場合であれば、

当初10年間は「優遇金利」

と呼ばれる所定の金利が適用され、

11
年目からは、変動金利や固定金利といった

任意の金利タイプを選ぶことになります。



10
年固定の最初の10年間に

適用される優遇金利は、名前の通り、

金融機関が本来提供する

住宅ローンの金利(基準金利)から

大幅に優遇されています。



そして固定金利なので、

この10年は金利が変動することもありません。



ただし、11年目になると、

優遇金利の適用期間は終わり、

金融機関の定める「固定期間あけの金利」が

適用されるようになります。



ほとんどの場合、固定期間あけの金利は、

当初10年の金利よりも

優遇幅が小さくなるため、

11
年目からは住宅ローン金利が

上昇する(返済額が増える)可能性が

高くなるのです。



これだけでは、

10
年固定を積極的に選ぶメリットが

見えにくいように感じますが、

11
年目の固定期間あけ金利の水準は、

金融機関によって異なります。


例えば銀行によっては、

「固定期間あけの金利」がなく、

11
年目に金利タイプを選び直す際は、

その時点の新規借り入れと同じ金利が

適用される住宅ローンもあります。



また、10年固定では、

優遇金利の終わる10年のタイミングで、

他の金融機関に借り換える方法も一般的です。



11
年後の金利水準を予測することは

不可能ですが、

現在のように住宅ローン金利が

歴史的な低水準をキープしている場合は、

他行の住宅ローンの金利が

現在の金利よりも低い可能性があるので、

借り換えるのも選択肢の一つです。



固定期間あけの金利と比較して

低い金利を提供している

金融機関がある場合は

検討してみましょう。




住宅ローン10年固定の
 メリットとデメリット



住宅ローン10年固定には、

お伝えした通り、

各家庭の資金計画によって

プラスにもマイナスにも働く、

さまざまな特徴があります。



賢い使い方を考える前に、

住宅ローン10年固定の

メリットとデメリットを

お伝えします。



住宅ローン10年固定のメリット


・当初10年間、優遇金利の恩恵を
 受けることができる


・当初10年間、金利の変動リスクを
 避けることができる


10年固定の優遇金利は、
 他のタイプの住宅ローン金利と比べて低い
 (20196月現在)



10
年固定のメリットは、

返済開始からの10年間は、

一般的な固定金利よりも

低い水準の金利(優遇金利)が

固定金利として適用される点です。



また金融機関の多くが

住宅ローン利用者のボリュームゾーンである

10
年固定に力を入れており、

他の借り入れ期間よりも

有利な金利を提示している点も

住宅ローン10年固定の

大きな魅力と言えるでしょう。



借り入れから10年間は

住宅ローンの金利について

気を揉まなくてすむため、

借り換えを視野に入れて貯金をする等、

次のステップを決めるまでの時間を

確保することができる点も

嬉しいメリットです。




住宅ローン10年固定のデメリット


・固定期間が終了すると、
 金利が見直されるため、
 返済計画を再度検討する必要がある


11年目に住宅ローンを見直す
 (借り換える)場合は
 手間とコストがかかる



10
年固定のデメリットとしては

11
年後に金利の見直し

(固定期間あけ金利の適用)が

行われる点が挙げられます。



この場合は、金利が上昇し、

返済額が増額になるケースが多いため、

返済計画を見直す必要が出てきます。



また他の住宅ローンに借り換える場合も、

事務手数料や抵当権の抹消、登記、

司法書士の費用などがかかるため、

無料という訳ではありません。



11
年目に一定の時間と手間、

費用が掛かる点は、

住宅ローン10年固定の

デメリットと言えるでしょう。




住宅ローン10年固定の選び方と賢い使い方


シンプルな構造の

変動金利・固定金利と比較すると、

住宅ローンの10年固定は、

やや、しくみが複雑です。



人気の高い商品のため、

10
年固定を取り扱う金融機関は多いものの、

それぞれの金融機関で

異なる点も多くあります。



10
年固定を失敗せずに利用するための

選び方・使い方をお伝えします。




住宅ローン10年固定の選び方


・当初10年固定金利が低いものを選ぶ


・「優遇金利」に加え、
 「固定期間あけの金利」も重視


・繰り上げ返済手数料が無料のもの、
 団信が充実しているものを選ぶ


最初の10年間で、

できる限り住宅ローンを

返済していきたい場合は、

当初10年の優遇金利ができる限り

低いものを選ぶのがベターです。



10
年固定の金利水準は、

変動金利には及ばないものの、

フラット35や民間金融機関の

全期間固定住宅ローンと比較すると、

全体的に低めです。



低金利の恩恵を受けられるうちに、

繰り上げ返済などを活用し、

返済していくと良いでしょう。



繰り上げ返済を上手く活用し、

総返済額を圧縮しておけば、

固定金利明けの金利上昇リスクを

抑えることができます。



一方、

返済期間をめいっぱい使って

少しずつ返済していきたい場合は、

優遇金利に加えて、

固定期間あけの金利も重要です。



11
年後の住宅ローン金利が

どのようになっているかは、

誰も正確に見通すことはできませんが、

固定期間あけの金利の優遇幅は、

金融機関のホームページで

確認することができます。



できるだけ優遇幅の大きい

金融機関がおすすめです。




住宅ローン10年固定の選び方


・返済期間中も金利動向を
 定期的にチェックしておく


・現在の金利やサービスに
 不満を感じたときは借り換えを視野に入れる



10
年固定の住宅ローンを賢く利用する方法は、

特徴・メリット・デメリットを

理解したうえで自分なりに

金利の動向をチェックし、万が一の際は、

借り換えを視野に入れておくことが大切です。



お伝えした通り、

10
年固定は、当初10年の固定期間が

終了する前に借り換えるケースも

決して珍しくありません。



つねに「借り換え」

という選択肢があることを意識したうえで、

現在の金利動向がどうなっているかを調べ、

固定期間あけの金利の適用を受け入れ、

そのまま同じ金融機関での借り入れを

継続するか、他の金融機関に

借り換えるかを決めましょう。




まとめ


住宅ローン10年固定は、

多くの金融機関が力を入れている商品だけに、

当初10年間の優遇金利は、

他の金利帯と比べても

魅力ある水準に設定されています。



これまでにお伝えしてきたように、

優遇金利は10年間の期間限定です。



11
年目の固定期間あけに

どのように対処するかによって、

住宅ローン10年固定の満足度が

変わってくると言っても過言ではありません。



10
年固定を選択し、借り入れる際は、

いずれは金利が変動する

商品であることを意識し、

契約を継続した場合と

借り換えた場合のシミュレーション、

その時点の金利の動向も加味した上で

方針を練っておきましょう。



この心構えさえしっかりしていれば、

10
年固定が持つ低金利にて

総返済額を抑えることができ、

本当に賢い住宅ローンを組むことが

可能になります。



10
年固定を検討する際は

メリットを最大限に活かしつつ、

デメリットを最小限に抑え、、

ご自身に合った10年固定の住宅ローンを

見つけましょう!



それでは、また!

臨時休業・夏休みのお知らせ

臨時休業・夏休みのお知らせ


休業日:2019年8月3日(土)・4日(日)
   
    2019年8月11日(日)~15日(木)


上記期間、誠に勝手ながら休業させていただきます。


大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、

ご了承下さいますようお願い申し上げます。

浜松市浜北区で上棟!

皆様、こんにちは!!

浜松市全域・磐田市・袋井市・掛川市・森町・湖西市にて、

リフォーム・リノベーション・新築建て替え・不動産をさせていただいています、

うり坊キャラクターの皆戸中建築です。

浜北区於呂で7月10日に上棟を行いましたsun
梅雨の中、この日はピンポイントで晴れshine
お施主様の日頃の行いがこの天気に繋がったんですねhappy01
ありがとうございますconfident


2019.07.10上棟.jpg
2019.07.10帖等2.jpg

もう少し梅雨は続きそうですが、しっかりブルーシートで養生もして雨にも備えました。
これからもチームワーク良く、引き続き工事を進めていきます!