浜松市・浜北区・磐田市・木の家・自然素材の家・注文住宅・リフォーム・不動産

皆戸中建築

  • ホーム
  • サイトマップ
お電話でのお問い合わせ
0120-87-0669
皆戸中建築ブログ

【1/16・17】初売りリフォーム祭開催!!

皆さま、こんにちはhappy02


2021年1月16日(土)・17日(日)


初売りイベント開催!!!!!


なんと今回のイベントは8つの企画をご用意しております‼

---------------------------------------------------------------------------------------

①ご来場特典 boxティッシュプレゼント‼(アンケートをご記入頂いた方に)

②ご見積特典 福袋プレゼント‼

③お成約特典 JCB商品券(最高20000円分)

④お子様特典 ジュースプレゼント!

⑤初売り大特価 商品ご紹介‼

⑥はじめてのリフォーム相談会

⑦水廻りリフォームお悩み相談会

⑧LDKリフォーム相談会

---------------------------------------------------------------------------------------


当日は混雑が予想されますので、ご来店はお早めに!

お待ちしておりますshine



※コロナ感染拡大防止対策実施中






MX-2661_20210113_131521_0001.jpg
MX-2661_20210113_131521_0002.jpg

TOPIC「一日中明るい家の正しいつくり方 SIMPLE NOTE」

明るく開放感がある家にするためには、

カーテンを閉めなくてもいい窓をつくりながら、

窓から入ってくる光を

家全体に拡散させないといけないのですが、

残念ながらほとんどのお家が、

そうはなっていません。


例えば、本来キッチンは、

朝からずっと明るくあるべき場所なのですが、

北に配置されがちな上、

小さめの窓をつけがちであることから、

薄暗く、電気なしでは

居られない場所になってしまいます。

 

また、大きな窓をつけることが

当たり前のリビングも、

日光がたっぷりと降り注ぐ

明るい場所のように思いますが、

外から丸見えになってしまうことと、

日差しが眩し過ぎること、

そして暑くなり過ぎることから、

遮光カーテンやシャッターを閉め切ってしまい、

電気なしでは居られない場所となってしまいます。

 

そして、ただでさえ薄暗いキッチンを

さらに暗くしてしまう原因となってしまいます。

 

それゆえ、家全体を、

まんべんなく明るく保てるようにするために、

どんな土地でも、

単純に南の方向に大きな窓をつくるのではなく、

敷地に合わせて、光の採り込み方を

変えるようにしないといけないんですよね。

 

狭小地でも朝から安定した明るさを保つ方法

 

こちらのお家は、南側接道の

日当たりが良い土地に建っているのですが、

その道が比較的交通量が多いため、

単純に南に大きな窓をつくってしまうと、

外から家の中が丸見えになってしまいます。

SIMPLENOTE.jpg

それゆえ、あえて1階の南には窓をつくらず、

リビング上部に吹抜けをつくり、

リビングダイニングキッチン全体に、

光を届けるようにしました。

SIMPLENOTE②.jpg

"吹抜け"のデメリットとメリット

 

しかし、吹抜けをつくると、

熱がそこに逃げることで、

リビングが寒くなりそうな気がして、

それを理由に諦めようとしている方も、

決して少なくないのではないでしょうか?

 

ですが、そのネガティブな側面は、

使用する断熱材や断熱と気密の強化、

それから、廊下をはじめとした

無駄なスペースを最大限にカットすることで、

家を最小限の大きさに出来れば、

大幅に緩和することが出来ます。

 

そして、吹抜けから得られる

素晴らしい恩恵を

たっぷりと享受することが出来ます。

 

まず、こちらの住まいは、

朝から夕方までずっと、

吹抜けの窓から光が入り続けます。

光を遮断するものが何もないですからね。

 

朝は、東から入ってきた光が、

吹抜けの西側の壁に反射し、

反射光として室内へと拡散していきます。

 

昼間は、室内にたっぷりと光が降り注ぎます。

とりわけ、太陽高度が低くなる冬は、

奥のキッチンの方まで、

深く光が射し込んで行くので、

北にあるキッチンが明るく暖かい場所になります。

 

夕方は、西から入ってきた光が、

吹抜けの東側の壁に反射し、

反射光として室内へと拡散していきます。

 

このようにして、こちらの住まいは、

リビングダイニングキッチンを、

一日中安定的に明るく保つことが出来る

というわけなんですよね。

 

明るいだけじゃなく、

開放感もたっぷり感じられますしね。

 

また、熱が逃げるというネガティブな側面も、

吹抜けに面してつくった2階の部屋に、

その余熱が伝わると考えれば、

決してネガティブなものではなくなります。

 

例えば、こちらの住まいは、

寝室を吹抜けに面してつくっているのですが、

おそらく、冬寝に行く時、

リビングからの余熱が寝室に伝わっていることで、

大なり小なり寒さが緩和されることでしょう。

 

吹抜けに面する部屋が子供部屋の場合も、

親と子供がお互いの気配を感じやすくなるため、

使ってもらいにくい2階の子供部屋を

子供たちが使ってくれやすくなる

かもしれないですしね。

 

つまり、吹抜けを上手く利用することで、

結果的に、家全体を無駄なく使うことにもつながる

というわけですね。

 

いかがですか?

 

アパートや実家のように、

薄暗い家は絶対に嫌だなー

絶対に明るくて暖かい家にしたいなー

もし、あなたがそうお考えであれば、

「家にはカーテンがあって当たり前だ」

という固定概念と、

「常に一番南には大きな窓をつくるべきだ」

という固定概念を、

一旦リセットしてみていただければと思います。

 

それでは、、、

 


【お客様の声】

皆戸中建築でリフォームをして頂いたお客様からの「仕事の通信簿」をご紹介いたします!



屋根瓦修繕工事

社長1.jpg
【今回のリフォームで感じたこと】
瓦屋さんの親切ていねいな対応、信頼できました。
サービスで下屋根部分もやっていただきありがとうございました。

【スタッフへのメッセージ】
信頼できる会社であると実感しました。


キッチンリフォーム工事

社長2.jpg
【今回のリフォームで感じたこと】
計画通り工事が進められて非常に満足しています。
ありがとうございました。

【スタッフへのメッセージ】
スタッフの皆様方におかれましても、気持ち良く接して頂き、ありがとうございました。



給湯器交換工事

大.jpg
【今回のリフォームで感じたこと】
取り替え後灯油がもれていて、連絡後すぐに確認に来てくれて、その辺の対応が良く信頼ができる会社だと思いました。

【スタッフへのメッセージ】
給湯器だけの交換でも親身に対応して一日でも早く取り付けようとがんばってくれました。
これからも信頼できる対応をお願い致します。
価格もリーズナブルにお願いします。

明けましておめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます。

皆戸中建築も本日より仕事始めです。

本年も社員一同頑張って参りますので、どうぞよろしくお願い致します。


08.png

【浜北ショールーム 1月営業カレンダー】

1月.JPG

・特に記載のない日につきましては通常営業となります。

営業時間 10:00~17:00


【年末年始休業のお知らせ】(訂正)

年末年始休業のお知らせ


休業日:2020年12月28日(月)~2021年1月5日(火)


上記期間、誠に勝手ながら休業とさせていただきます。

大変ご不便をおかけ致しますが、
何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願い致します。


※先日のお知らせでは、1/7(木)まで休業となっていましたが、
1/5(火)までに訂正させて頂きます。


 



浜松市浜北区にて地鎮祭が行われました♪

2020.12.19 / スタッフブログ

こんにちはsun

本日、浜松市浜北区中瀬にて、地鎮祭が行われましたsign01

お施主様、ご家族の皆さま、ご関係者の皆さま、おめでとうございますshine

お天気にも恵まれ、無事にこの日を迎えることができ、大変うれしく思っておりますconfident

CIMG2561.JPG

ちなみに、地鎮祭とは家の工事が始まる前のイベントで、

土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全を祈願する儀式のことです。

CIMG2573.JPGのサムネール画像


既存の建物は解体され、地縄張りも完了した状態で行われたので、

来週から早速基礎工事を進めさせていただきます。

これからも安心安全を第一に、段取り良く、チームワーク良く、

工事を進めていきたいと思っておりますhappy02

よろしくお願い致しますclover

ペットと一緒の暮らし vol.8

皆さま、こんにちはhappy01

今回は「ヴィンテージスタイルの愛犬家住宅」のご紹介ですdogcat

ヴィンテージスタイルは人気ですよねshine
このお宅は、施主様こだわりのヴィンテージスタイルの中にも愛犬のための工夫がたくさんつまっています‼

家族が食事をしている時やくつろいでいる時にも愛犬と繋がりが持てるように設けた愛犬用スペース。
1Fは床全面に滑りにくいコーティングを施し、愛犬スペースにはクッションフロアを使用。
広々としたドッグラン。
お世話が楽になるインナーテラス。

愛犬にとってもストレスのない暮らしを実現されていますhouse

ぜひご参考になさってみてくださいwink




愛犬家①.jpg



愛犬家②.jpg

【お客様の声】

皆戸中建築でリフォームをして頂いたお客様からの「仕事の通信簿」をご紹介いたします!




浴室・キッチンリフォーム工事

MX-2661_社長①.jpg

【今回のリフォームで感じたこと】
すごく丁寧に対応していただき満足です。
途中で追加の依頼をしてもすぐに対応してもらい助かりました。
犬がいてすぐ吠えてしまい、申し訳なかったです。

【スタッフへのメッセージ】
雨の中びしょ濡れになりながら資材を運んでいて、とても大変そうでした。
お疲れさまでした。
これからも他のお客様が満足できるように対応お願いします。




トイレリフォーム工事

MX-2661_社長②.jpg

【今回のリフォームで感じたこと】
休み時間も取らない位に仕事をしてられました。
キレイな仕上がりにとても満足です。
ありがとうございました。

【スタッフへのメッセージ】
頑張って下さい。




キッチンリフォーム工事

MX-2661_大作.jpg

【今回のリフォームで感じたこと】
4日間キッチンが使えないのはやはり不便でした。
大変ていねいなお仕事をしていただけたと思います。
ありがとうございました。

【スタッフへのメッセージ】
ありがとうございました。

TOPIC「2階建ての無駄なスペースとは? SIMPLE NOTE」

平屋は高いというイメージがありますが、

必要な部屋や部屋の広さ、

収納などを減らすことなく

2階建てよりもコンパクトに建てることが出来るため、

結果的に建築費は2階建とそう変わらなくなります。

 

そして、同時に家が圧倒的に使いやすくなります。

上下移動がなくなり、水平移動だけになるからです。

 

では、なぜ平屋は2階建てよりも

コンパクトになるのでしょうか?

 

まず、平屋には「階段」がいりません。

2階がないので当たり前のことですよね。

そして、階段には1•2階合わせて、

合計2坪(=4帖)必要なので、

平屋の場合これがなくなるというわけですね。

  

続いて、省くことが出来るものが「廊下」です。

2階建ての場合、

2階につくる寝室や子供部屋やトイレなどに

行くための廊下が必ず必要になりますが、

平屋にし、かつ廊下をつくらないように間取りを考えれば、

この廊下を全て省くことが出来ます。 

 

廊下欲しいですか?

 

あなたが家に求める条件の中に、

「廊下が欲しい!!」という項目は、

おそらくないのではないでしょうか?

 

しかし、2階建ての場合、

必ず出来るのがこの「廊下」です。

そして、この廊下にも、

部屋や収納と同じようにコストがかかっています。

1㎡あたり15万円というコストが、です。

 

仮に、あなたが建てる家に、

10㎡廊下が出来てしまったとしたら、

欲しいとも思っていないもののために、

150万円も余分にお金を支払わなくては

いけなくなってしまう、というわけです。

 

それゆえ、家の価格を少しでも抑えるためには、

廊下を限りなくなくすことが、

とっても大切なこととなります。

 

「廊下」がないほど良い別の理由

 

そして、廊下を少なくした方が良い

もう1つの理由が「冷暖房効果」です。

 

というのも、廊下をつくってしまうと、

廊下に接するドアを閉めてしまうからです。

結果、空気の流れを止めてしまい、

家の中に温度差をつくってしまいます。

 

他方、部屋と部屋がダイレクトにつながっていれば、

空気が循環しやすくなります。

結果、家の中に温度差が生まれにくくなり、

風呂で起こるヒートショックも

起こりにくくなるというわけです。 

 

また、廊下をつくれば、

ドアの数も必然的に多くなってしまいます。

部屋と部屋がダイレクトに繋がっていれば、

ドアは1本しかいりませんが、

その間に廊下が出来てしまうと、

もう1本余分にドアが必要になるからです。

 

その結果、

廊下によるコスト上昇だけじゃなく、

ドアによるコスト上昇も同時に招いてしまう

というわけですね。

 

ということで、 

コスト面はもちろん、

快適性の観点からも、

出来るだけ廊下はつくらないように

していただければと思います。

 

この他、平屋にすれば、

2階のトイレも必要じゃなくなるため、

これらを合計すれば、

それだけでも4坪(=8帖)ほど

2階建ての家よりも面積を縮めることが出来るようになります。

 

結果、2階建てとそう変わらない価格で

平屋を建てることが出来るようになる

というわけです。

 

あなたがこれから家づくりをしたいとお考えであれば、

平屋は高いという思い込みは、

一旦捨てていただき、

また、家といえば2階建てという思い込みも、

一旦捨てていただき、

家を建てようと思っている土地に平屋が入るのであれば、

いずれの選択肢も持ちながら、

家づくりの計画を行っていただければと思います。

 

家の基本は常に「平屋」からです!

それでは、、、