静岡県浜松市で自然素材のおしゃれローコスト住宅を建てるなら皆戸中建築

皆戸中建築

  • ホーム
  • サイトマップ
お電話でのお問い合わせ
0120-87-0669
皆戸中建築ブログ

まだまだ寒いですね!

2018.01.19 / スタッフブログ

こんにちは!インフルエンザも流行している中、日々の体調管理に加えて寝る前にスクワットをして体力


維持につとめています。仕事も遊びも身体が大事ですからね、明日から磐田・浜北で見学会です・・・


ご興味のある方は予約制となっておりますのでご連絡ください・それでは、頑張って寒い冬を乗り切って


春を待ちましょうか。

リフォーム工事

2018.01.18 / スタッフブログ

今日は、佐久間町のリフォーム現場へ行って来ました。

昨日の雨のせいで道中 霧で真っ白

IMG_20180118_083853.jpg 

現場に付くと 霧もなく ポカポカ陽気sun

工事は、和室の壁の塗り替え

養生をして 既存の壁に下地処理剤を塗布し

IMG_20180117_095645.jpg IMG_20180118_083453.jpg


珪藻土の下塗りまでで 本日 終了です。

明日 上塗りして工事完了になります。


bud杉の木が、元気良くなってきました。

花粉症の方は、早めの対策をweep

SAKUfish



見学会のご予約お待ちしてます!

2018.01.17 / スタッフブログ

今週末は久しぶりに構造見学会を磐田見付で開催しますnote

見付天神さんの東側です。

年末の完成見学会で「構造も見たいなぁ」とのお声をたくさんいただきました。

是非この機会に皆戸中建築の構造をご覧ください。

同時に住まいの相談会も行います。こちらに興味がある方もお気軽にご連絡くださいね。

お待ちしておりますhappy01  YU

 

           □□□今回の見学会の写真を少しご紹介させていただきます。□□□

               基礎にはこんなに大きい地中梁が入ってます。

         基礎完成!

IMG_3155基礎2.jpg

                   床材は桧縁甲板です。 IMG_20171201_162344床.jpg

 

         外壁はサイディング16㎜光セラです。

         下に木目調、上は塗り壁調です。縁側のある間取りの雰囲気にもピッタリです。 IMG_20171223_144446外壁.jpg

 

キッズコーナー リニューアル!!

2018.01.16 / スタッフブログ

おはようございます。

昨日三重に行った帰りに長久手のIKEAに寄ってきました。

商品のデザイン性の魅力はもちろんのこと、価格もリーズナブルで、
ディスプレイもとっても素敵で、終始わくわくが止まりませんでしたlovely

とても広~く人も多くて一周しただけでヘトヘトでしたが・・・(笑)


ヘトヘトになりながらも今回購入したものは・・・
こちら!!!!

s-CIMG3342.jpg

お客様との打合せ中お子様が退屈しないように、キッズコーナーを設けて
おもちゃやDVD、絵本を用意していますが、新たに車やガソリンスタンド、
木製の電車やレールのおもちゃをこの度購入しましたtrain

お子様にも、楽しかったな~!また来たいな~!と思ってもらえたら嬉しいですconfident

お子様連れのご来社も大歓迎!!お待ちしておりますheart01

Chinatsu

寒い!!

2018.01.13 / スタッフブログ

とにかく、寒いですね。静岡は暖かい方なので他県の方に怒られてしまいそうですが

 

今年の冬は寒い予想でしたので ハズレませんね。

IMG_20180113_114607.jpg

この氷は、今日のお昼過ぎに庭の日陰に出来ていたものですがまだ、解けていませんでした。

 

ただ、毎年大学のセンター試験の時は雪のイメージですが...。

 

受験生の皆さん、がんばってくださいねrockrockrock

 

これは、

IMG_20180113_135546.jpg

 

IMG_20180113_135559.jpg

 

事務所の玄関の横右側の掲示板です。

 

 今月の住宅ローンの金利表や、イベント情報、その他 お得な情報などなど 

 

ご案内していきますので、チェックをしに遊びにきてください。run

 

薪ストーブで温まっていってくださいね。heart04

 

暖かいお飲み物をご用意して お待ちしております。paper

(お越しの際は、定休日にお気をつけ下さいませ。confident

 

hiromi

 

 

今週の住まいのお得情報「リースバックのメリット・デメリット」

2018.01.13 / スタッフブログ


今週のTOPIC  「リースバックのメリット・デメリット」

自宅を活用した資金調達の方法の一つである「リースバック」をお伝えします。


◆事業資金にも利用可能なリースバックとは?

 

リースバックとは、

自宅などの不動産を専門の不動産会社へ売却し、

買主であるオーナーに対して

リース料(家賃)を支払うことで、

引き続きその不動産を利用する方法です。

また、買取代金は一括で支払われるため、

ローン返済自体は問題ないがまとまった現金が

必要なときにも利用可能です。

 

例えば、次のような利用が考えられます。

・年金の不足など老後の生活費を補う場合

・子どもの教育費の捻出

・病気の治療費の捻出

・住宅ローン以外の借金返済

・事業資金としての活用

 

 また、単純に家を売却して

賃貸住宅へ引越すことに比べ、

以下のようなメリットがあります。

・買主を探す必要がないので

 現金化までの期間が比較的に短い

 ・引越しする必要がない

 ・子どもの学区が変わることがない

・売却したことが周りに知られない

・将来的に買い戻すことが可能

 

 同じ家に住み続けたい人にとっては、

メリットが大きいリースバックだが、

実際に利用するためには一定の条件があります。

 

その一つがオーバーローン状態です。

売却価格が住宅ローンの残債よりも多くないと

リースバックの利用は難しいのです。


例えば、住宅ローンが2,500万円残っている状態で

 売却価格が1,500万円だった場合、

抵当権の解除ができないため、

そもそもリースバックを利用することができません。

また、リースバックには

以下のようなデメリットもあります。

・売却価格が周辺相場よりも安くなりがち

・毎月のリース料(家賃)が

 周辺の家賃相場よりも高くなることがある

 (年間のリース料の目安は、売却価格の810%

・買い戻しは可能だが、その費用は売却価格よりも

 高くなる場合が多い

 

◆リバースモーゲージとの違いは?

 

リバースモーゲージとは、

自宅を担保に金融機関や自治体などからお金を借り、

借りたお金は死亡時に自宅を売却することで

一括返済する方法です。

 

 こちらの場合は、

死亡時に返済することが前提となるので、

生存中に融資枠を使い切ってしまうことも

あり得ます。

生活費として利用する場合は、

 

このことを十分理解する必要があります。

そのため、多くの場合で契約者には、

60歳以上といった年齢条件があります。

 

また、リースバックと違い、

物件の所有権は移行しないので

固定資産税の納税義務もそのままになります。

そのほかのリースバックとの違いは

下記のとおりです。

 

 

物件の所有権は、

リースバックは、売却先の不動産会社

リバースモーゲージは、本人

固定資産税の納税義務は

リースバックは、なし

リバースモーゲージは、あり

資金の用途は

リースバックは、自由

リバースモーゲージは、投資・事業資金は不可

 

年齢条件は、

リースバックは、なし

リバースモーゲージは、60才以上など下限がある

対象物件は、

リースバックは、制限なし

リバースモーゲージは、一戸建て

(マンションは不可の場合がある)

家族の同居は

リースバックは、可能

リバースモーゲージは、配偶者のみ

契約終了後

リースバックは、買い戻し可能

リバースモーゲージは、売却

 

と、リースバックとリバースモーゲージでは、

資金の用途など異なる点が多いのです。

 

◆リースバックとリバースモーゲージ

 

 その使い分けは?

では、リースバックとリバースモーゲージを

どのように使い分ければいいのでしょうか。

 

一つの目安になるのが年齢です。

 

リースバックの場合は、買い戻しが可能です。

したがって、現在お金がなくても

近い将来大きな収入の目途が立っていれば、

買い戻しを視野に入れてリースバックを

利用する手があります。

 

 

買い戻しには、

資金の用途が自由というところが有利に働きます。

 

リースバックを事業の運転資金として利用して、

事業が軌道に乗ったら買い戻せばよいのです。

 

このようにリースバックは、

買い戻しを見据えるという意味で、

ある程度若い人が向いているかもしれません。

 

リバースモーゲージの場合は、

そもそもある程度高齢でないと

利用できない商品が多いです。

 

そのため、利用目的は、

年金替わりや老人ホームへの入居費用といった

老後生活を豊かにすることが中心となっています。

 

また、返済は死亡後に一括なので

毎月の生活に影響がありません。

 

これは年金生活者にとって大きな魅力です。

 

したがって、リバースモーゲージは

高齢者向けといえます。

 

どちらが向いているかはケースバイケースなので、

最終的な判断は銀行などの専門家に

相談してからにしましょう。

 

基礎工事中

2018.01.12 / スタッフブログ

IMG_20180112_164939.jpg

 あけましておめでとうございます。(少し遅れましたが)

基礎砕石状況です。 砕石の上に防湿シートを張り、これから鉄筋工事です。

鉄筋、配筋検査、スラブコンクリート、立ち上がりコンクリートと進んでいきます。

上棟は2/15日、寒い時期で雪が降らなければいいのですが・・・。

このあたりでは、凍結することはめったにないので予定通りに進むと思います。

皆さん、楽しみにしていてくださいね!      by/katu

明けましておめでとうございます。

2018.01.11 / スタッフブログ

新年明けまして おめでとうございます。

旧年中は、お世話になりました。


今年は 戌年ってこともあって 我が家の愛犬も

元気いっぱい

IMG_3352.JPG


犬に 負けぬよう 自分も元気いっぱい 

段取りよく仕事します

本年もよろしく おねがいします。

SAKUfish

初めまして。新年おめでとうございます!

2018.01.10 / スタッフブログ

今月から入社しました渡辺旭です。



とは言っても新人の若者ではなく



四捨五入すると還暦をむかえます。



今まで培った家づくりの経験を、これから家を建てられるお客様に


アドバイスして、お役に立てたら嬉しいですね。


宜しくお願いいたします。。



新年あけましておめでとうございます。

2018.01.10 / スタッフブログ

新年あけましておめでとうございます。


本年もよろしくお願いいたします。


2018
年は、戌年です。


子・丑・寅ではじまる十二支のサイクル。


2018
年は「戌」です。


古代中国の暦がもとになっており、

日本でもはるか弥生時代から使われていたそうです。


十二支はやがて、方角や時刻、

日づけを表すようにもなっていきます。


人々の生活単位になっていたこの暦を

少しでもわかりやすくしようと、

動物にあてはめて表現するようになったのは

紀元前42世紀の中国のことです。


子はねずみ、丑は牛、

そして戌には「犬」があてられました。


2018
年を象徴する動物は、犬なのです。


この戌年、十二支のうち、11番めにあたります。


もう少しで十二の暦がひとめぐりしようという頃で、

季節でいうと晩秋に例えられます。


それは、これまで時間をかけて育ててきた作物を

収穫する時期です。


そして、戌年は「結実」を表す年でもあるのです。


ビジネス、勉強、家庭での取り組み、人間関係......

これまで続けてきたさまざまな取り組みに、

きっと良い結果が表れる年になるでしょう。


努力が報われる、形になるのが、戌年なのです。


また一方で戌年は、収穫を終えて、

ひとつ息をつく季節でもあります。


いままで築いてきたものに対して、

よし、という結果を得たら、

気持ちを切り替えましょう。


戌年はまた、次なるステップへの準備の年とも

位置づけられています。


なにかをがらりと変えるための、

仕込みの年なのです。


戌年の次、2019年は十二支の最後である亥年です。


そして2020年は子年から、

再び新しい十二支が始まります。


2020
年にどうありたいのか、なにをしたいのか、

それを考えて動き始め、種を撒きはじめる。


2018
年はそんな年にもしたいものです。


犬はあらゆる動物の中でも、

人間とのつきあいが最も古いといわれています。


縄文時代の遺跡からも犬の骨が出土しています。


犬はオオカミを家畜化させたものですが、

狩猟のパートナーとして、家を守る番犬として、

そして友人であり家族として、

人間の暮らしを支えてきた存在ともいえるでしょう。


そんな犬は、

安産かつ多産なことでも知られています。


そのため妊婦の守り神としても愛されてきました。


妊娠5か月めの戌の日には「帯祝い」を

行なう風習があります。


神社にお参りをしてお祓いを受けた帯を、

赤ちゃんの宿ったお腹に巻くというものです。


安産のおまじないであると同時に、

お腹の中の赤ちゃんの位置を

安定させるものでもあります。


この帯祝い、戌の日の、戌の刻(1921時頃)に

行なうという念入りなご家庭もあるそうです。


であるなら、やはり戌年に出産したいと思うものです。


子育てや安産にご利益のある神社やお寺は

日本全国にありますが、

実際に戌年はどこも賑わうといいます。


新しい命を授かるには、格好の年ともいえるのです。


また、お宮参りのときなど、

赤ちゃんがはじめて世間や社会に出るときには、

その額に犬の字を書く風習もあります。


犬の子はすくすく元気に育つことに

あやかっているのです。


魔除けのおまじないでもあります。


赤ちゃんがたくましく育つようにと、

江戸時代からの習わしで

犬の姿をした置物である犬張子を

送ることもあります。


犬は新しい命を見守ってくれる

身近な動物と考えられてきたからです。


物事の結実と、新しい出発、誕生。


戌年とは、そんな1年なのです


さて月初めは

住宅ローンの金利が気になりますよね。


それでは、

早速今月発表された

各金融機関の

今月の住宅ローン金利を見てみましょう。


メガバンク5銀行より発表された

2018年1月適用分の住宅ローンです。


以下にご紹介するものは、

当初10年間の金利が固定される

各行の主流タイプの商品です。


〇三菱東京UFJ銀行...1.05→1.05%(±0.00%)

〇三井住友銀行...1.05→1.05%(±0.00%)

〇みずほ銀行...0.80→0.80(±0.00%)

〇りそな銀行...1.05→1.05%(±0.00%)

〇三井住友信託銀行...0.70→0.70(±0.00%)


今月もメガバンクは、

全ての金融機関が

金利を据え置きました。


ただし、これは主流商品であある

当初10年間の金利が固定されるタイプに関してです。


三菱東京UFJ銀行は、

30年固定金利を引き上げた以外は、

全ての期間の金利を据え置きました。


三井住友銀行は全ての金利を据え置きました。


みずほ銀行に関しては、

11年を超える全ての金利を引き上げました。


2018
1月に関しては、

全体的な動きでは

メガバンクによって対応が全く異なりました。


ネット銀行を含む全体的な金融期間の動きですが、

多くの金融機関が金利を据え置くか、

一部金利を引き上げています。


2017
年の住宅ローン金利は

不安定な推移が続きましたが、

2018年もこの流れを引き継ぐ可能性が高そうです。


では、先月、金利が下がった、

固定型住宅ローンの代名詞でもある

全期間固定型金利の【フラット35】は

どうなったでしょうか?


さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!


―――――――――――――――――――――――――――――

今週のTOPIC 「フラット35、金利を引下げ!

―――――――――――――――――――――――――――――


住宅金融支援機構(東京都文京区)が

民間金融機関と提供するフラット35

20181月の適用金利が発表されました。


融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の


 主力タイプの金利幅は...

1.36%(前月より+0.02%)~1.99


と、今月は0.02%ですが、

金利を引き上げました。

 

今月は金利が上がったとは言え

フラット35史上低金利継続中となり、

魅力的なサービスを提供中です。

 

融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅は以下の通りです。


1.30
%(前月より+0.03%)~1.93

と、中期に関しても金利は引き上げました。

 

融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下のタイプの金利幅は...


1.80
%~2.43


融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの金利幅は...


1.74%
2.37


以上のようになっています。

 

フラット35に関しては、

全体的に約0.03%金利が引き上げられました。


ここ数か月、フラット35は、

金利の上げ下げを繰り返しておりますが、

今月は上がる月でした。


今後は、経済動向からフラット35

不透明な状況ですが、

フラット35に関しては、

急激に上昇することはないので、

住宅ローンを検討している方にとっては

今の時期がチャンスといえます。


住宅ローン金利の動向を総括すると、

多くの金融機関が金利を据え置くか、

一部金利を引き上げています。

また、金融機関によって

全く対応が異なる珍しい月になりました。


2018
1月の住宅ローン金利の基準となる

201712月も金利が乱高下しており、

2018年も金融機関各社は住宅ローン金利の設定に

頭を悩ませることになりそうです。


去年1年間ずっと住宅ローン金利は動向が読めず、

リスクが高いという事を言い続けてきましたが、

2018年も同様にリスクが高い1年になると

考えています。


住宅ローンの借り入れもしくは借り換えを

検討されている方は、

万一の金利上昇リスクに備えることができる、

住宅ローン商品を選ぶと良いでしょう。


変動金利の低さは大きな魅力ですが、

変動金利で借り入れる場合、

金利が本格上昇する前の借り換えを、

固定金利で借り入れる方は、10年固定や

フラット35の利用するのがオススメです。


また、住宅価格の動向を見ると、

ここ数ヶ月頭打ちになっています。


今後住宅価格がさらに上昇するのか、

下落するのかの予想は困難ですが、

価格が大幅下落する可能性は低いでしょう。


住宅を購入する上で重要なのは、

物件価格と住宅ローン金利の状況をトータルで考え、

無理なく返済できるかどうかです。


これから住宅の購入を検討しているという方はもちろん

自身が借り入れた際と比較すると、

今のほうが金利が低いという方も、

総返済額がどうなるかをしっかり考え、

住宅ローンの借り入れもしくは借り換えを

検討してみてはいかがでしょう。


そして

今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、

フラット35は、借入時から完済時まで

全期間固定型の住宅ローン商品なので、

今借り入れた方は35年後の完済時まで

ずっと低金利の恩恵を受けられる...

というメリットがあります。


いくら借入時の金利がいくら低くても、

何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活...

 


そうなってしまっては元も子もありません。


目先の数字にとらわれず、

しっかりとそれぞれの住宅ローン商品の

メリット/デメリットを理解し、

家族のライフプランに合った住宅ローンを

選択しましょう!!

 

下記のサイトにて、フラット35の金利推移をご確認いただけます。


現在がどれほど低金利であるか?? ご参照くださいませ。

http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top


さて全体的に金利があがりましたが

歴史的な低金利を継続しており、

20181月も住宅ローンの金利は低水準です。


特に住宅ローンの借り換えを検討している方にとって、

今月が絶好のタイミングであることは間違いありません。


【フラット35】の利用を予定している方、

住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、

いずれにしても、

早めに行動へ移すことをお勧めします!!


それでは、また。